ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ウルヴズ

マン・オブ・ザ・モーメントことフアン・マタの決勝点により、マンチェスター・ユナイテッドがエミレーツFAカップ4回戦に進出した。

後半にマタのゴールで勝ち上がりを決めたユナイテッドは、トレンメア・ローヴァーズ対ワトフォードの勝者とアウェイで対戦する。

前半にペドロ・ネトにゴールを許したかと思われたが、VARにより得点とは認められず助けられたユナイテッドは、マタの見事なフィニッシュに救われた。

ユナイテッド
序盤にボールに触れる機会が多かったアーロン・ワン・ビサカ

ノリッジ戦でも絶好調だったマタは、開始3分にダニエル・ジェームズを目がけて縦へのパスを通した。

ジェームズはコントロールからゴール前に侵入したものの、ゴールキーパーのジョン・ルーディに対応される。

10分、ウルヴズがネトのゴールで先制したかと思われた瞬間、オールド・トラッフォードのサポーターは沈黙。先制に沸いたウルヴズサポーターだったが、直後にVARにより判定が覆った。

フレッジのパスミスを奪ったラウール・ヒメネスが、フィニッシュまでのプレーでハリー・マグワイアと対峙した際にハンドが見られた。

ユナイテッドもマタがシュートを放つも、ルベン・ネヴェスからのクロスにマット・ドハーティが頭で合わせたシュートがポストに当たるなど、攻め込まれる時間帯が続く。

前半を無得点で終えたウルヴズは、後半開始前からピッチでウォームアップし、臨戦態勢を整える。だが、後半まず形を作ったのはユナイテッドの方で、マタがシュート。ウルヴズもヒメネスが低い弾道のシュートを狙ったが、ワイド。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、64分に2選手を変更し、ジェームズとメイソン・グリーンウッドに代えて、マーカス・ラッシュフォードとアンドレアス・ペレイラを投入した。そして、程なくして先制点が生まれた。

マグワイアがボールを奪い、アントニー・マルシャルがマタの足元にパス。これを受けたマタがルーディの位置を冷静に見極め、浮かせたシュートを決めて先制。VARでもオフサイドは認められず、マタの今シーズン国内初ゴールでユナイテッドが違いを生み出した。

交代出場したラッシュフォードは、残念ながら15分程度の出場に終わり、負傷交代。ジェシー・リンガードが急遽出場することに。

ウルヴズも必死に抵抗したが、セルヒオ・ロメロがまたもクリーンシートを達成。ユナイテッドが4回戦に進出した。

ユナイテッド
リヴァプール戦に向けてコンディションが心配されるラッシュフォード

試合情報

ユナイテッド:ロメロ、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、ウィリアムズ、マティッチ、フレッジ、グリーンウッド(64分にアンドレアスと交代)、マタ、ジェームズ(64分にラッシュフォードと交代)、マルシャル

出場機会のなかったサブ:グラント、ダロト、ジョーンズ、チョン

得点:マタ(67分)

イエローカード:フレッジ、マグワイア

ウルヴズ:ルーディ、ドハーティ、デンドンケル、コーディ(キャプテン)、サイス、ネヴェス、モウチーニョ、ジョニー(74分にヴィナグレと交代)、トラオレ(87分にブールと交代)、ヒメネス、ネト(71分にギブス・ホワイトと交代)

出場機会がなかったサブ:パトリシオ、ベネット、キルマン、アシュリー・シール

イエローカード:ネト、デンドンケル

観衆:6万7025人

おすすめ: