ユナイテッド

ノリッジ 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、土曜の夜に開催されたノリッジ・シティー戦に勝利し、エミレーツFAカップ準決勝に進出した。

90分までにオディオン・イガロ、トッド・キャントウェルにゴールが生まれて延長戦にもつれた一戦は、ハリー・マグワイアのゴールにより勝敗が分かれた。

キャロウ・ロードでの一戦は序盤から速いペースで進み、ジェシー・リンガードが7分にシュートもディフレクトしてワイドに外れる。

このコーナーキックからイガロがゴール前に詰めたが、ティム・クルルがボールを回収。

序盤に違いを生み出したのは3-0で勝利した水曜のシェフィールド・ユナイテッド戦に続いて先発出場したブルーノ・フェルナンデス。それでも、組織されたノリッジの守備を崩すまでには至らない。

その守備陣の一角を担ったマックス・アーロンズは、遠めからのシュートを狙ったが、これはセルヒオ・ロメロが守るゴールのクロスバーを越し、前半の給水タイムが取られた。

再開後もチャンスを作ったのはノリッジで、ケニー・マクリーンのシュートも枠外。ユナイテッドは、エリック・バイリーがコーナーキックからヘディングで合わせたが、枠を外した。

スコット・マクトミネイのシュートがブロックされると、ノリッジはカウンターを狙う。しかし、すぐさまルーク・ショーが反応してピンチを回避する。

前半を良い形で終えたのはノリッジで、ルーカス・ルップにもシュートを許したが、マグワイアが阻止。マグワイアは、直後にもエミのシュートを阻んだ。

リンガードも前半の終盤にシュートを放ったが、両チーム共に決定的な場面は作れず、前半を折り返した。

ハーフタイムの間にオーレ・グンナー・スールシャール監督から檄を受けたユナイテッドは、後半開始から勢いを取り戻し、フレッジのパスにフェルナンデスが反応したが、シュートまでは持っていけない。

だが、数分後にイガロがチームに先制点をもたらした。ショーが左サイドからクロスを入れ、フアン・マタがフリックすると、イガロのもとにボールが。

決して綺麗なフィニッシュではなかったが、31歳のイガロが押し込んで先制。リプレーを見ると、イガロは足首でボールに触れて得点を記録。イガロは、先発出場するたびにゴールを決めている。

先制したことでオープンな展開となり、ユナイテッドはクルルに襲いかかる。

攻めるしかなくなったノリッジも攻撃の形を作り、アーロンズがクロスを入れるも、マグワイアがつま先でクリアー。

スールシャール監督は、63分に交代カードを切り、ブランドン・ウィリアムズ、メイソン・グリーンウッド、マーカス・ラッシュフォードを投入。

ノリッジは、エミのフリーキックにアレックス・テッティが頭で合わせるも、ベン・ゴッドフリーにディフレクトしてコースが変わってしまう。

後半立ち上がりこそペースが上がらなかったノリッジは、残り15分にキャントウェルのゴールで同点に追いつく。エミからのパスを受けたキャントウェルは、ボックスの外からコーナーにシュートを決めた。

これを受けてスールシャール監督は、ネマニャ・マティッチとポール・ポグバをピッチに送り込む。ポグバのプレーからグリーンウッドがペナルティエリア内に侵入し、ステップオーバーからシュートも、わずかにワイド。

残り10分には、ロメロがアーロンズの危険なクロスを弾き返し、ウィリアムズがオネル・エルナンデスをタックルで止めて危機を脱出した。

89分、ティム・クローゼがイガロをホールドしたとして、レッドカードを受けてしまう。

この時に得たフリーキックをフェルナンデスが蹴るも、壁にヒット。セカンドチャンスにショーが顔を出したが、シュートはワイド。

なんとか90分で決着をつけたいユナイテッドは、ラッシュフォードとグリーンウッドが果敢にシュートを放ったが決まらず、延長戦にもつれた。

一人少ないノリッジを相手に、ユナイテッドはプレッシャーをかけ続け、ポグバがヘディングシュート。そしてラッシュフォードもシュートでクルルに襲いかかる。

そして、最後の交代枠を使い、シェフィールド・ユナイテッド戦でハットトリックを決めたアントニー・マルシャルを投じて勝ちに行く。

延長の前半を終えてもスコアに変化はなかったが、後半にはラッシュフォード、フェルナンデスがシュートで畳み掛ける。

110分、コーナーキックからマグワイアが完璧なタイミングでヘディングシュートも、クルルにこの試合ベストセーブを決められてしまう。

PK戦にもつれてしまうかと思われた中、エリア内でマルシャルが触れたボールをキャプテンのマグワイアが蹴り込み、ついにユナイテッドが2-1と勝ち越しに成功。このまま逃げ切り、FAカップベスト4に進出した。

試合情報

ノリッジ:クルル、アーロンズ、クローゼ、ルイス(118分にイダーと交代)、ルップ(62分にエルナンデスと交代)、テッティ(キャプテン)、キャントウェル(90分にトリプルと交代)、マクリーン、エミ(90分にドゥダと交代)、プッキ(71分にドルミッチと交代)

出場機会のなかったサブ:マクガヴァン、ヴランチッチ、レイトナー、シュティパーマン

得点:キャントウェル(75分)

退場:クローゼ(89分)

ユナイテッド:ロメロ、ダロト(62分にウィリアムズと交代)、バイリー(96分にマルシャルと交代)、マグワイア(キャプテン)、ショー、マクトミネイ(78分にマティッチと交代)、フレッジ(78分にポグバと交代)、マタ(63分にグリーンウッドと交代)、フェルナンデス、リンガード(63分にラッシュフォードと交代)、イガロ

出場機会のなかったサブ:デ・ヘア、フォルメンサー、アンドレアス

得点:イガロ(51分)、マグワイア(118分)

イエローカード:フェルナンデス(108分)

おすすめ: