ロナウド

ユナイテッド 3-2 アタランタ

水曜日 20 10月 2021 23:20

マンチェスター・ユナイテッドは、またしても欧州カップ戦で劇的な逆転勝利をやってのけた。後半戦に3得点をあげてアタランタを3-2で下すと、ストラトフォード・エンドは歓喜に沸いた。

先月ビジャレアルを2-1で下してチャンピオンズリーグ・グループFでの2勝目を狙うユナイテッドだったが、前半戦の立ち上がりは鈍かった。

アタランタが、マリオ・パシャリッチとメリフ・デミラルのゴールで、29分までに2-0とリードを奪う。

しかし後半戦、見事な反撃を見せたレッズ。

マーカス・ラッシュフォードに続き、キャプテンのハリー・マグワイアが同点に引き戻すと、ロナウドが81分に勝ち点3をものにする決勝点を決めた。ヤングボーイズがビジャレアルに4-1で敗れたため、レッズはグループ首位に浮上した。

ロナウドが300試合出場 article

クリスチアーノ・ロナウドが、ユナイテッド300試合出場を達成。

前半ーアタランタが2得点でリードを奪う

序盤はラッシュフォードが活躍。試合開始後3分にゴール前でシュートを放ったが、これは枠を外れた。判定はオフサイドだったが、昨年5月のヨーロッパリーグ決勝以来の先発出場となった我らが10番にとって、期待を抱かせる幕開けとなった。

しかしアタランタも危険な雰囲気を漂わせ、序盤からボールポゼッションをキープすると、15分後にはそれを形にしてみせた。巧みな攻撃でレッズのディフェンスを切り裂くと、ダヴィデ・ザッパコスタのクロスを、パシャリッチがストレトフォード・エンドの目前でゴールに突き刺した。

VARによりオフサイドの判定が行われたが、ポーランド人の主審シモン・マルシニャックがゴールを認めると、イタリアから駆けつけたアウェーサポーターたちは喜びを取り戻した。

フレッジがすぐさま反応してシュートを浴びせたが、これはキーパーのフアン・ムッソがクロスバーの上に弾き出す。ようやく主導権を握ることができたものの得点にはつなげることができないユナイテッド。逆に29分、アタランタが2点目を決めてオールド・トラッフォードを揺るがした。コーナーキックを受けたデミラルは、マグワイアとルーク・ショーの2人の頭上をいくジャンプで力強いシュートを叩き込んだ。

早々に2点を奪われて動揺を隠せないユナイテッドは、44分のフレッジのチャンスまで反撃の糸口をつかめずにいた。フレッジのこのシュートは惜しくも枠を外れ、その後はラッシュフォードの格好のシュートもバーに弾かれた。

後半ー定番の逆転劇

ハーフタイム明けから2分、ユナイテッドは反撃のきっかけとなる絶好のチャンスを得る。ロナウドがゴールを狙ったが、アタランタのNo.1GKムッソが立ちはだかり、好セーブでしのいだ。しかし53分にブルーノ・フェルナンデスの見事なパスがラッシュフォードに渡った時には、イタリア勢は逃れることはできなかった。

この絶好のチャンスに、ラッシュフォードは冷静を保ってファーサイドのゴール下方めがけてシュートを突き刺した。

レッズのハイテンポな反撃はイタリアチームを動揺させ、途中交代で入ったマッテオ・ロヴァートとパシャリッチの2人は、それぞれロナウドとショーを必死に止めに行き、警告を受けた。

ユナイテッドはあたかも別チームかのように勢いを取り戻し、58分、スコット・マクトミネイもあわや同点打かという、ポスト��撃の惜しいシュートを放つ。63分にはロナウドも枠内にシュートを打ち込んだが、これはセーブされた。

スールシャールはここで最初の交代枠を使い、マクトミネイとラッシュフォードに替えてポール・ポグバとエディンソン・カバーニを投入。

アタランタも71分、流れを変えるべく、リードをふたたび2点に広げようと試みたが、ここでダビド・デ・ヘアが見事なセーブでピンチをしのぐ。途中出場のドゥバン・サパタとルスラン・マリノフスキーからの2度の際どいシュートを撥ね退け、イタリア勢の追加点を阻止した。

このセーブにより反撃の舞台が整ったユナイテッドに、キャプテン、マグワイアが待望の追加点をもたらす。

フェルナンデスが右サイドからクロスを上げると、カバーニがわずかに触れたボールを、バックポストにいたキャプテンのマグワイアが叩き込み、同点に持ち込んだ。

さらにもう一つ、驚きのシナリオが描かれる時間はまだ十分に残されていた。81分、ショーがロナウドにクロスを上げると、ポルトガル人のヒットマンは空中に抜け出して強烈なヘッド弾を見舞った。その瞬間、オールド・トラフォードは爆発的な歓声に包まれた。

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア;ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、ショー;フレッジ(88分にマティッチと交代)、マクトミネイ(66分にポグバと交代);グリーンウッド(72分にサンチョと交代)、フェルナンデス、ラッシュフォード(66分にカバーニと交代;ロナウド

出場機会のなかったサブ:ヘンダーソン、バイリー、マタ、リンガード、ダロト、テレス、ファン・デ・ベーク、エランガ

得点:ラッシュフォード(53分)、マグワイア(75分)、ロナウド(81分)

警告:ショー、マティッチ、カバーニ

アタランタ:ムッソ、メーレ、パロミーノ、コープマイネルス、ムリエル(56分にサパタと交代)、フロイレル、デ・ローン、デミラル(45分にロヴァートと交代)、イリチッチ(67分にミランチュクと交代)、ザッパコスタ、パシャリッチ(67分にマリノフスキーと交代)

出場機会のなかったサブ:ロッシ、スポルティエッロ、ペッツェッラ、スカリヴィーニ、ピッコリ

得点:パシャリッチ(15分)、デミラル(29分)

警告:ロヴァート、パシャリッチ、デ・ローン

おすすめ: