ユナイテッド

ユナイテッド 1-1 ボロ(ボロがPK戦の末に8-7で勝利)

土曜日 05 2月 2022 00:01

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでミドルズブラと対戦したが、90分、そして延長戦も1-1で決着がつかず、PK戦で8-7と敗れ、エミレーツFAカップから敗退した。

序盤からプレッシャーをかけていたユナイテッドは、ブルーノ・フェルナンデスのパスをジェイドン・サンチョが決めて先制。

しかし、後半に同点に追いつかれ、延長戦、PK戦となったが、クリス・ワイルダーのチームがPK戦を制し、5回戦進出を決めた。

負傷交代する前に先制点を決めたジェイドン・サンチョ

前半 - 復帰組が違いを生む

開始早々、相手ディフェンスのミスからサンチョがループシュート。しかし、これはゴールキーパーのジョー・ラムリーを越えてクロスバーに当たり、フェルナンデスがそのリバウンドをシュートしたが決められなかった。

そのわずか5分後、ロナウドのアクロバティックなシュートを放つなど、ユナイテッドはチャンピオンシップのチームにプレッシャーをかけ続けた。そしてポール・ポグバがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得したが、ロナウドは枠内に蹴れず失敗。

それでも25分、サンチョが左サイドに展開し、ファーサイドに低い弾道のシュートを突き刺して先制に成功する。

マーカス・ラッシュフォードも追加点で続いたかと思われたが、主審はオフサイドと判定した。その直後、フェルナンデスがロナウドへのスルーパスをゴール前に通すが、ロナウドのシュートはラムリーの見事なセーブに阻まれる。

ユナイテッドのプレッシャーにもかかわらず、ボロも危険な場面を作り続けた。ハーフタイム前、ミドルズブラのカウンターアタックから、フォラリン・バログンが左サイドでスペースを見つけたが、ディーン・ヘンダーソンを慌てさせるまでには至らなかった。

後半- ミドルズブラの反撃

54分、サンチョのポストへのクロスがラッシュフォードに渡り、最初のチャンスが訪れる。

その1分後、再びラッシュフォードが絡み、右サイドを突破してロナウドにボールを預けるも、ロナウドはサイドネットを揺らすにとどまる。

主審のアンソニー・テイラーがマット・クルックスのゴールを認める

その1分後、再びラッシュフォードが絡み、右サイドを突破してロナウドにボールを預けるも、ロナウドはサイドネットを揺らすにとどまる。

ヘンダーソンは、アイザイア・ジョーンズのパスを受けたマット・クルークスが放ったシュートを、ファインセーブで防いだ。そして60分、ボロに同点に追いつかれる。ダンカン・ワトモアがユナイテッドディフェンスを振り切り、ヘンダーソンの頭上を通過したボールをクルックスがゴールに押し込んだのである。ワトモアのハンドが疑われたものの、このゴールは認められた。

即反撃に転じたユナイテッドは、ラッシュフォード��シュート。
ミドルズブラのキーパーは、ロナウドのプレッシャーを受けてフェルナンデスにボールを渡してしまう痛恨のミス。だがブルーノの低いシュートはポストにヒットしてしまう。

90分まで残り1分、交代出場のフレッジとアンソニー・エランガのコンビが魅せるも、エランガのヘディングシュートはポストの上に外れる。

延長戦-突破口は見えず

延長戦では、両チームとも互角に戦い、ユナイテッドはフレッジがゴールに迫り、ヘンダーソンが至近距離で素晴らしいセーブを見せたが、違いを生み出せなかった。

PK

エランガのスポットキックがバーを越えて失敗し、ミドルズブラが8-7で勝利した。

PK戦で惜しくも失敗したアンソニー・エランガ

試合情報

ユナイテッド:ヘンダーソン;ダロト、ヴァランヌ(91分にジョーンズと交代)、マグワイア(c)、ショー;マクトミネイ、フェルナンデス、ポグバ(82分にフレッジと交代);サンチョ(100分にマタと交代)、ロナルド、ラッシュフォード(82分にエランガと交代)

出場機会のなかったサブ ヒートン、グラント、ワン・ビサカ、ハンニバル、マティッチ

得点:サンチョ(25分)

イエローカード:ポグバ(42分)

ミドルズブラ:ラムリー;ダイクスティール、フライ、マクネア;ジョーンズ(118分にバンバ と交代)、クルックス(78分にパイエロと交代)、ハウソン(C)、タヴァニエ、テイラー(91分にペルティエと交代);バログン(61分にワトモアと交代)、スポラー(91分にコノリーと交代)

出場機会のなかったサブ:ダニエルズ、ホール、ウッド、コバーン

得点:クルックス(64分)

イエローカード:タヴァニエ(71分)


おすすめ: