ユナイテッド

アンドレアスの期限付き移籍手続きが完了

マンチェスター・ユナイテッドのアンドレアス・ペレイラが、ローマでのメディカルチェックを無事に終え、イタリアへのラツィオに期限付き移籍手続きを終えた。

2011年にPSVアイントホーフェンからユナイテッドアカデミーに加わったアンドレアスは、今年1月のブルーノ・フェルナンデス加入により、オールド・トラッフォードを離れることを許された。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、2019-20シーズンのサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に輝いたフェルナンデスの加入により、アンドレアスの出場機会が減ったと話している。

今回の期限付き移籍がアンドレアスにとってベストな判断かと聞かれた監督は「もちろんだ。ラツィオはビッグクラブだし、アンドレアスは定期的に試合に出場する必要がある」と答えた。

「昨シーズン序盤の彼は素晴らしかった。自信も増し、成長していた。だがブルーノが加入後に大きなインパクトを残し、アンディのポジションは奪われた。今回のことは、アンドレアスにとってベストと判断した」

アンドレアスは日曜日にスタディオ・オリンピコで行われるインテルナツィオナーレ戦に出場する可能性がある。

アンドレアスにとって今回の期限付き移籍は3回目で、以前はスペインのグラナダ、バレンシアでプレーした。

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: