ユナイテッド

オーレ「我々には明確なビジョンがある」

トッテナム・ホットスパーとの一戦に臨む中、オーレ・グンナー・スールシャール監督には、マンチェスター・ユナイテッドの未来にとっての明確なアイディアが存在する。

火曜の会見に出席した監督は、現在のチームに対する評価、そして今シーズン終了までのロードマップについて質問を受け、こう述べた。

「我々にはプランがある。結果を残すスピードを高めたい。望む速さで物事が進まないことだってあるだろうが、今も正しい方向に向かっている」

「来年の6月、7月にどういうチームになっているか、明確に見えている。可能な限り早く到達したい。我々にはプランがあるんだ」

今後は試合数が増える過密日程の時期を迎える。オーレは、シーズンを左右するこの時期に、より安定したプレーが見たいと話す。

今シーズンのプレミアリーグ14試合を終えて、ユナイテッドは6試合で引き分けている。そのいずれもリードした状態から引き分けに持ち込まれてしまった。しかし、2-0から3-3に持ち込んだシェフィールド・ユナイテッド戦により、監督はチームに強靭なメンタリティーが備わっていると自信を持つ。

「何試合かでビハインドを背負って、逆転できた。だがもちろん、リードしていて失点した試合もある」

「昨シーズン終盤は気持ちの部分、ハートの部分が足りなかったように感じた。逆転できると信じられていなかったように感じた。今のチームのメンタリティーは異なる」

「このチームのカルチャーの部分では、目に見えないところで実行されていることが多い。もちろん結果は必要だ。それが証拠になる。今シーズン引き分けた6試合は、勝つべき試合だった。それをピッチでも見せないといけない」

「私は選手の力を信じている。どの試合にも勝てると信じているが、より安定したパフォーマンスが必要だ。負傷した選手たちが復帰して、全員が万全な状態になればチャレンジできるし、順位も上げられる」

オーレは、数選手の復帰により安定感が改善されることを期待している。最近の試合では、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、スコット・マクトミネイの負傷離脱により、フレッジとアンドレアス・ペレイラがセントラルMFとしてプレーしている。オーレは、3選手が徐々に復帰することで、チーム内の競争が活性化することを望んでいる。

「今は負傷者を抱えている。特定の選手について触れているわけではないが、私はポジションが保証されていないチームの一員でもある。このクラブは、そういうチームだ」

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: