オーレ

オーレ「いまの我々にカップ戦は重要」

水曜にオールド・トラッフォードで行われるカラバオカップ準々決勝を前に、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、若くやる気に満ち溢れたいまのチームからは生き生きとした勢いが感じられると話した。

レッズは水曜、コルチェスター・ユナイテッドを迎える。リーグ2に所属する彼らとの対戦は、準決勝進出を目指すにあたり、絶好のチャンスだ。

2戦方式となる準決勝は1月の上旬と下旬に行われ、決勝戦は3月1日(日)、ウェンブリー・スタジアムだ。

決勝戦はまだ先の話だが、スールシャールは、若手選手にとって、キャリアの早い時期にトロフィーを取ることの重要性を説いた。

「どのチームや選手にとっても、そして新しいチームを構築中の我々にとっても、トロフィーを勝ち取る、あるいはトロフィーを目指して戦う、というのは非常に意義のあることだ。もちろん、最終的には優勝することが絶対目標だ。いま我々には準決勝進出のチャンスがかかっている。この試合は非常に重要だ」と話したオーレ。

「選手にとって、最初に手に入れたトロフィーというのは非常に意味のあるものだ。パトリス・エヴラとネマニャ・マティッチにとっては、たしかそれは決勝戦のウィガン戦だったのではないかと思う。

勝利の感覚というのは格別だ。一度味わうと、また欲しくなる。いまのチームには、リーグタイトルを経験している選手もいるが、その数はだんだん減ってきている。それゆえに、我々にとって優勝は非常に大きな意味があることなのだ。

優勝することで、なんとも言えない興奮を味わうことができる。ひとまず、いま目の前にある目標は準決勝進出だ。そこまで到達すれば、その先はそう遠くはない。水曜の試合には、高いモチベーションをもって挑むよ」

今シーズン、ユナイテッドは、ロッリデールとのカラバオカップ初戦をPK戦の末勝ち抜けた。その後はチェルシーに2-1で勝利した。

両試合とも、スールシャールは最強のチームを送り出した。それはこのカップ戦への敬意の証でもある。

「チェルシー戦のときのメンバーを見ても、我々がこのカップ戦を重要視していることはおわかりいただけると思う。リーグでは苦戦しているが、それでもカップ戦の重要度は変わらない。目指すは決勝進出だ」

相手チーム、コルチェスターの分析もぬかりない。

エセックスに拠点を置く彼らは、ここまでスウィンドン・タウン、クリスタル・パレス、トッテナム・ホットスパー、クローリー・タウンを下してここまで到達した。それだけでも、彼らがいかに危険な存在か察することができる。

「トッテナム戦を見たよ。パレス戦も昨夜から見始めたところだ。彼らはよく機能した統率のとれたチームだ。手強い相手になるだろう。しかし優勢なのは我々だ。しっかりチャンスをつくって、勝ち抜けを目指すよ」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: