ユナイテッド

オーレ「重要な時期を迎える」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今後数試合が今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドにとって重要なものになると見ている。

今から3月のインターナショナルブレークまでに、ユナイテッドはプレミアリーグでトップ5のチェルシー、マンチェスター・シティー、ウェストハム・ユナイテッドと対戦する。また、厄介な敵地でのクリスタル・パレス戦も控えている。

そのほかにもヨーロッパリーグ・ラウンド16でACミラン、エミレーツFAカップ準々決勝でレスター・シティーと対戦予定だ。

オーレは冷静に、今後数試合が持つ意味を理解している。

「目の前の試合に集中しないといけない。今後3試合は非常に大きい」と、監督は金曜の定例会見で語った。

「すぐ後ろにチェルシーがいて、前にはシティーがいる。シティーに追いつくには先に行かせるわけにはいかないし、チェルシーに追いつかれるわけにもいかない」

「インターナショナルブレークまでは、どの試合も大事で、今後は重要な時期を迎える。いつも言っていることだが、4月、5月にどの位置にいるかが大事なんだ。次のインターナショナルブレークをどの位置で迎えられるか、やってみないといけない。それから終盤戦に集中する」

今後数試合もさることながら、オーレは2020-21シーズンならではの日程にについても言及。

「今シーズンの(リーグ)優勝争いは長い戦いになる。すぐに決まるとは思えない」

「今シーズンは予想不可能だ。良い時もあれば、悪い時もあって、流れが変わる。ケガ人、今の状況に選手たちがどう対応できるかなど、誰にもわからない。これだけの試合をこなしているわけで、短期だが長いシーズンだ」

「どの試合も重要だ、もちろん、チェルシー戦が難しい試合になるのはわかっている」

「全チームが38試合を戦う。良い流れに乗れても、悪い流れに乗ってしまっても、影響は出る」

「我々は悪い結果の後で挽回して今に至っている。今後は重要な時期だ。グループの精神状態は良い。これからのビッグゲームを楽しみにしている」

おすすめ: