ユナイテッド

スールシャール監督がワトフォード戦を総括

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、2-0でワトフォードに敗れた試合後、失望感を露わにした。

監督は、試合後にMUTV、Sky Sportsとのインタビューで、前半のパフォーマンス、ポール・ポグバの復帰などについて語った。

前半は酷かった

とても残念だ。後半よりも前半の内容が残念でならない。スローで、相手に敬意を表すかのようなペースで、危機感がなかった。ハーフタイムを経てリアクションがあるかと思った。当然、相手に先制されてしまう。奇妙なことだが、フットボールでは起こり得る。そこから挽回できなかった。

リンガードのチャンスについて考え過ぎない

ベンが立ちはだかっていたのだから、チップは正しい選択肢とは思わない。ただ、私はピッチには立っていなかった。ジェシーの判断だ。良い攻撃で、前半に1点リードできていたかもしれない。枠を外すこともあれば、点を決められる場合もある。

波に乗るのに時間がかかった

自分たちのテンポ、自分たちのインテンシティ、自分たちのクオリティーでやれる雰囲気はなかった。相手が2点目を決めるまではできなかった。それからチャンスを作らないといけなかったが、生かせなかった。

求められるリアクション

(ダビド・デ・ヘアのミスは)予期していなかったが、誰にでも起こり得る。今回のようなミスは、誰でもやってしまう。大事なのは、ダビド、チーム全体の反応。クリスマス後に2試合ある。立ち直らないといけない。

ポグバはポジティブ

とても大きなプラス材料。彼はハードに取り組んできたし、フットボールをプレーしたがっている。飢えている気持ち、危機感、クオリティーを示した。これから彼の復帰による恩恵を得られる。

ニューカッスル戦

もちろんオールド・トラッフォードで勝ちたい。これから試合数も増えるが、(ホームでの勝利は)選手たちが求めているもの。まずは、選手のリアクションを見ないといけない。

おすすめ: