オーレ

オーレ「90分で勝ち切るべきだった」

水曜日 10 2月 2021 00:24

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、オールド・トラッフォードで行われたエミレーツFAカップ5回戦において、ウェストハムを下した試合を振り返り、準々決勝進出に満足していると語った。

後半戦のパフォーマンスはベストと言える出来ではなかったとしつつも、週末のエヴァートン戦で残念なドローを喫した後で挽回した点を評価した。

以下は、MUTV とBBC Sport 、そして記者会見の席でのオーレの回答だ。

ユナイテッド 1-0 ウェストハム(ET) article

スコット・マクトミネイの決勝点でレッズが準々決勝進出を決めた

ベスト8入り

「カップ戦では、何がなんでも勝つ、それが重要だ。エヴァートン戦が意気消沈する結果に終わったあとでよく挽回できた。あの決勝点はメンタル的にもダメージが大きかったが、この試合ではしっかり集中し直してプレーすることができた」

無失点に意義がある

「クリーンシートを守ることができた。記録を見返すと、これまでもかなりの数のクリーンシートを達成できている。とくにビッグマッチでは無失点に抑えることができている。最初の3試合で11失点したのはいただけない。あの頃はまだきちんと体制が整っていなかった。しかしそれを除けば決して悪くはない」

後半戦に揺らいだ

「最終的には15から17くらいシュートを打っていたから、より決定力は必要だといえる。もっと早い時間に試合を決めて90分で終えるべきだった。しかし時にはそれが叶わないこともある。後半戦はやや苦しんだ。前半戦には、2、3回ビッグなチャンスがあった。メイソン(グリーンウッド)とアントニー(マルシャル)、それからビクトル・リンデロフのシュートも、相手キーパーの好セーブに阻まれた。アレックス(テレス)のコーナーキックもよかったが、ドニー(ファン・デ・ベーク)がクリーンなシュートを打てなかった。前半戦はゲームを支配できていたし、我々がコントロールしていた。しかし後半戦はあまり良い出来ではなかったね。得点を決めてからも、あと2、3点は入れられただろう。あまりにチャンスを無駄にしていた。もっとしっかりゲームをコントロールすべきだった」

次戦もホームでの試合を希望?

「どのみちファンはいないからそれほど関係ないが、移動がない点ではオールド・トラッフォードでの方が好ましいだろうね。もちろん、すべての試合に勝ちたい。そして決勝まで辿り着きたい。それこそがマンチェスター・ユナイテッドの存在意義だからね。カップ戦ではときにラッキーな抽選もあるが、我々はこれまであまりそういった恩恵にはあずかっていない。しかし決勝戦に一歩近づいたのは間違いない。このあとは日曜まで試合がないから、しっかり準備もできる。今日120分プレーしたことも日曜の試合に向けての良い鍛錬になったよ」


ドニーのパフォーマンスについて

「前半戦は、全体的にもドニーも非常に良いプレーができていた。お互いにうまくスペースを作れていたし、彼は自分に課せられた任務をよくこなしていた。彼は細かいところで器用なプレーができる。アレックスとの連携からチャンスもあった。後半戦は、チーム全体がやや後退していたから交代策をとった」

ディーンのクリーンシート

「試合の時はいつでも、我々のキーパーにとって穏やかな夜になってほしいと願っている。そして多くの場合願ったとおりになる。ディーン(ヘンダーソン)は、終盤のヘディングの場面を除いてすべて良かった。あの場面ではおそらく若干ボールから視線を外していたのだろう。ダビド(デ・ヘア)は、常にボールから視線を逸らさず、集中し続ける、ということを徹底している。チャンスというのは突然やってきて、ふいにセーブしなければならない場面が訪れるからね」

ソシエダ戦は中立地で開催 article

レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ・ラウンド32アウェイゲームは、新型コロナウイルスの影響により中立地で開催されることが決まった。

トリノでの一戦 動画

トリノでの一戦

来週レアル・ソシエダ戦が開催されるユベントス本拠地での過去試合動画

マグワイア「今年こそトロフィーを勝ち取る」 article

ユナイテッドのキャプテン、マグワイアは、今シーズンのエミレーツFAカップ優勝を渇望している

ポグバは数週間の離脱 article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ポール・ポグバの状態について語った。