ユナイテッド

オーレがセントメリーズでのドローを振り返る

日曜日 22 8月 2021 19:02

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、勝ち点1の獲得に終わったアウェイでのサウサンプトン戦後、その複雑な感情を言葉にした。監督は、勝ち点1しか得られなかったことに不満を抱きながらも、劣勢の状態から何かを得られたことに満足していた。

前半にチェ・アダムズのシュートがフレッドにディフレクトして先制を許したものの、メイソン・グリーンウッドの得点で同点に追いついた。

オーレは試合後、クラブメディアとのインタビュー、記者会見で、セインツとの激戦を振り返った。

より多くを求めていた
全体的に見て、勝つために十分なチャンスを作り、時折、適切なプレーができていたと思うが、ダビド(デ・ヘア)のビッグセーブがなければ負けて��たかもしれない。最初の2、3分はセットプレーの嵐を切り抜けたが、その後は自分たちも良いプレーをして、セットプレイからチャンスを作った。相手の得点は何もない状態から生まれたようなものだった。(知ってんの場面は)ファウルだ。100%ね。でも、私たちはもっと良い形で反撃しないといけないし、ブロックしないといけない。ミスから悪い結果を得るようなことは許されない。

ハーフタイムのメッセージ
もっと研ぎ澄まさなければならなかったし、もっと緊迫感を持って、自分たちを信じ続けなければならなかった。相手の得点が決まるまではとてもいいフットボールができていた。疲れからか、相手に何度かチャンスを与えてしまい、失点してもおかしくなかった。こちらの得点後からしばらくは良かった。私はいつだって選手たちを信じている。

強力なフォワードオプション
アント(マルシャル)を起用して、フォワードを2人にしたかった。アントは左に流れ、メイソンは右から入ってきた。メイソンはとても良いゴールを決めた。決してベストではなかったが、それでも貢献してくれた。ジェイドン(サンチョ)が交代出場して、最初の10~15分はとてもシャープに見えたが、チーム全体が少し落ち込んでしまい、最後の15分は特に良いプレーができなかった。

1週間のトレーニング
まだ始まったばかりで、選手たちのコンディションを上げるために努力しないといけない。来週にはもっと良くなるだろう。しかし、今はフィットネスと、その他のいくつかの問題を解決して、ウォルヴァーハンプトン戦への準備をしないといけない。

ファンこそフットボール
これがフットボールだ。ホームのファンやアウェイの相手のファンに対応しなければならない。時には、観客がレフェリーや自分たちに向かってくることもある。こういう環境にも再び順応するようになる。

おすすめ: