ユナイテッド

オーレ「選手たちはよくやってくれた」

土曜日 30 10月 2021 21:45

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドがトッテナム戦で3-0の勝利を収めた後、エディンソン・カバーニとクリスチアーノ・ロナウドの貢献と連携プレーを称賛した。

監督は、選手たちのハードワークとゲームプランに対する献身性を称えた。

オーレのチームは、続いていたプレミアリーグでの不調から立ち直った。監督は、キャリントンで過ごした1週間の中で焦点となっていたシステム変更が相手を打ち負かす鍵となったと語った。

試合終了のホイッスルが吹かれた後、MUTVとSky Sportsの取材に応じたボスのコメントは以下の通り。

全員がプランを理解していた

彼らは本当に良くやってくれたし、一生懸命働いてくれた。フットボールには遊びの要素も必要だ。火曜日の��から、コーチたちと一緒に計画を立てていた。選手と一緒に話し、全員がプランに同意していることを確認した。アウェイでは少し違ったアプローチになるが、私たちは困難な1週間を過ごし、選手たちはこの結果を得るために一生懸命努力してくれた。

後方からのビルドアップ

クリーンシートを達成できれば、前線の質の高さからどんな試合でも勝つチャンスがあることはわかっている。問題はコントロールなんだ。私は、ウイングバックを使ってゲームをうまく展開できたと思う。相手がほとんどボールを保持していた最初の6、7分の後、我々は落ち着いてパスを出し続け、ボールを交換し続け、状況が好転していくのを見ることができた。

年齢はただの数字

私は監督として3年間ここにいるが、エディンソン・カバーニが火曜日のトレーニングで見せたパフォーマンスは、最高だった。オールドマン{ロナウドとカバーニ}が前からリードしていた。彼らは息が合っている。お互いに尊敬の念を持っている。彼らの仕事ぶりと質の高さは誰にも負けない。選手たちは、何があってもクラブのためにプレーしてくれる。私のことはどうでもいい。グループとして向上することが大事なんだ。

サブメンバーによる質の向上

メイソン(グリーンウッド)、ジェシー(リンガード)、マーカス(ラッシュフォード)、ジェイドン(サンチョ)のような選手がいることはわかっている。質の高い選手を投入することができる。主なプランは、60分から70分までスペースを確保して走り込むことだったが、それができた。

アタランタ戦に集中

ここでは誰でもプレッシャーを感じる。今週は選手にとってもファンにとっても難しい週だったが、これはひとつの試合でしかない。大事なのは次戦。アタランタでの試合がある。他にもたくさんの目を背けたいこともあるが、自分自身を見つめ直し、自分が今いる場所で、自分に与えられた責任に満足しなければならない。それができていない時には、本来の自分ではないと気づく。

おすすめ: