ユナイテッド

スールシャール「アグレッシブにやる時」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、未消化だったバーンリー戦を前に、選手たちにアグレッシブにプレーすることを求めている。

現在首位のリヴァプールと勝ち点で並んでいるマンチェスター・ユナイテッドは、バーンリー戦で引き分け以上の結果を残せば単独首位に立つ。

スールシャール監督は現時点での順位を必要以上に意識していないものの、優勝するには積極的に、攻撃的な姿勢で毎試合に臨まなければならないと話す。

「アグレッシブにやらないといけない。謙虚な気持ちで、全力で取り組まないといけない」と、監督は会見で述べた。

「首位に近い位置にいるからといって、一瞬でも何かを成し遂げたような気持ちになってはいけない。うちにはそういう選手はいない。常に前向きで、アグレッシブで、ハードワークを厭わず、何があっても全力でプレーする選手が揃っている」

「当然、グループとしてのメンタリティはは常に改善している。これからは今までと異なる試練に向き合う。バーンリーとのアウェイゲームだ。この試合を終えた時点での順位はあまり関係ない。試合に集中していれば、この試合に集中できていればそれでいい。今の順位に意味はない。ただ、勝ち点は必要だ。それで優勝争いが佳境を迎える3月、4月に入っていく」

監督は、プレシーズンもなく迎えた今シーズンで、首位グループから離れないという目標を達成できたと話している。

「今シーズンが難しいシーズンになるのはわかっていた。他のチームより遅くに開幕して、この試合を今消化しないといけない。プレシーズン期間を設けられなかった」

「以前話したことだが、耐えないといけないと言った。しかし、自分の発言でもあまり好きではない。私が言いたかったのは、勝ち点を取り続けるということ。耐えるだけではなく、良いパフォーマンスをして、勝ち点を獲得する。他チームに差をつけられないようにする。その点に関しては上手くやれたと思う」

また監督は、上位チームの差があまりない今シーズンのプレミアリーグを楽しめているという。

「どのチームもプレミアリーグで優勝したいと思うもの。しかし、今シーズンは特に結果が安定しないシーズンだ。私にとってはエキサイティングだし、サポーターやファンにとっても、昨シーズンのように1チームが独走した形より、チームの争いが激しくて面白いだろうね」

「昨年のこの時期よりも今の方が良い成績を残せている。より多くの試合に勝てていて、ゴール数も増えた。以前より良いプレーもできている。これはポジティブな結果だが、誰も1月の順位など覚えていない。我々にとって大事なのは、成長することだ」

おすすめ: