ユナイテッド

昨季のプレミアリーグ最速はユナイテッドの選手

マンチェスター・ユナイテッドアカデミー卒業生のティモシー・フォス・メンサーが、プレミアリーグ2018-19シーズンで最速スピードを記録したことが、Optaの調べでわかった。

オランダ代表のフォス・メンサーは、昨季フルアムに期限付き移籍し、13試合に出場。フルアムは、チャンピオンシップに降格した。

Optaは、昨シーズン出場した選手の走行スピードを計測。その結果、万能性に優れるフォス・メンサーが最速の時速35.32kmを記録した。

2位はマンチェスター・シティーの右サイドバック、カイル・ウォーカーが記録した時速35.27km。3位はウォルヴァー・ハンプトンのルベン・バイナグルの時速35.20kmだった。

昨季のプレミアリーグ最速トップ10は、以下の通り。

ユナイテッド
リロイ・サネと競るフォス・メンサー

プレミアリーグ2018-19シーズン最速トップ10
10:パトリック・ファン・アーンホルト|クリスタル・パレス|トップスピード:時速34km
9:セルヒオ・リコ|フルアム|トップスピード:時速35.01km
8:ディヴォック・オリジ|リヴァプール|トップスピード:時速35.04km
7:フェリペ・アンデルソン|ウェストハム|トップスピード:時速35.11km
6:ジェラール・デウロフェウ|ワトフォード |トップスピード:時速35.13km
5:デアンドレ・イェドリン|ニューカッスル|トップスピード:時速35.17km
4:リロイ・サネ|シティー|トップスピード:時速35.18km
3:ルベン・バイナグル|ウルヴズ|トップスピード:時速35.20km
2:カイル・ウォーカー|シティー|トップスピード:時速35.27km
1:ティモシー・フォス・メンサー|フルアム(ユナイテッド)|トップスピード:時速35.32km

フォス・メンサーの今後は?

21歳のフォス・メンサーは、プレミアリーグでの期限付き移籍を2度経験し、学ぶ機会を得た。2017-18シーズンはクリスタル・パレスに期限付きで加わり24試合に出場。そして2018-19シーズンはフルアムで13試合に出場した。

クレイヴン・コテージでのシーズンは負傷により終了となり、フォス・メンサーは手術を受けた。1日も早い復帰が望まれる彼は、Twitterに次のメッセージを投稿。

「人生ではつまづくことだってある。でも、その時にどう立ち直るかが重要。起こってしまったことは残念だけれど、僕は必ず強くなって戻る。サポートありがとう。神様は偉大な存在だ」

フォス・メンサーは、ユナイテッドで21試合に出場している。2016年の3月2日に行われたワトフォード戦で、クラブ史上4番目の若さである18歳と99日でデビューを果たした。

今後もクラブでプレーすることになるかは、オーレ・グンナー・スールシャール監督次第だ。監督は先日、夏に期限付き移籍から戻ってくる選手の評価をするのが楽しみと語ったばかり。フォス・メンサーがオーストラリアとアジアを回るプレシーズンツアーに加わるかどうか、非常に楽しみだ。

おすすめ: