ポグバ

ポグバ「カンプノウで勝てる」

ポール・ポグバは、来週火曜、カンプ・ノウでマンチェスター・ユナイテッドはふたたびミラクルを起こせると確信している。

レッズは、来週の準々決勝第2戦に1点ダウンの状況で臨む。オールド・トラッフォードでの第1戦では、12分、ルイス・スアレスのヘディングシュートがルーク・ショーの腕に当たり、公式にはショーのオウンゴールと記録された。

しかし今シーズン、ユナイテッドは、チャンピオンズリーグのアウェーゲームにおいて数々の目覚しい結果を残している。


ポグバ
バルセロナとマッチアップするポール・ポグバ

昨年11月、トリノでは、グループリーグのユベントス戦に2-1で勝利した。そして先月、オーレ・グンナー・スールシャールの一軍はパリの地でパリ・サンジェルマンを3-1で破り、アウェーゴールのアドバンテージを得てベスト8入りを決めた。

ポグバは、ユナイテッドの劇的なストーリーはまだ続くと語った。

「彼らには勝てる、と思った。それを信じられないなら、彼らにやりたい放題させただろう。俺たちはバルセロナを破れると信じている。俺たちはマンチェスター・ユナイテッドだからね。彼らはバルセロナだが、俺たちだってマンチェスター・ユナイテッドだ。そしてこれはチャンピオンズリーグの戦いだ。俺たちが勝ち抜ける」

「もちろん相手は世界最強クラブのひとつだ。しかし今日も相手は苦しんでいた。俺たちには彼らをやっつけることができる」


「第1戦めが終わってしまったから、あとは2戦目に全力をぶつけるしかない。チャンスを得ることができたら、逃さずものにすること。それから十分相手を警戒すること。彼らには2点めを入れるチャンスがあったが、ダビド(デ・ヘア)が防いでくれた(フィリップ・コウティーニョの36分のシュートシーン)。だけどそのあとは、それほど危険な場面はなかった」

「カンプ・ノウでは相手にチャンスを与えず、ゴールの前できっちり仕留めることだ」


「俺たちは1点ダウンだが、チャンスはある。だから信じて戦うことだ。これはチャンピオンズリーグの戦いだ。だから俺たちには彼らを苦しめることができる。相手が俺たちを苦しめるのと同じようにね」

「きっと彼らもPSG戦のことを意識しているだろう。俺たちが試合をひっくり返せることはわかっているはずだ。彼らは自分たちのピッチで快適にプレーできるだろうが、最後はどういう結果になるか、見てのお楽しみさ」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ:

  • ユナイテッド 0-1 バルセロナ article

    オウンゴールにより敗れたが、ユナイテッドが勝ち上がる可能性はまだ残されている。

  • 「カンプ・ノウでゴールは奪える」 article

    オーレ・グンナー・スールシャール監督がバルセロナ戦を振り返った。