click to go to homepage
ポグバ

ポグバの4月のハイライトは?

マンチェスター・ユナイテッドの4月の月間MVPに選出されたポール・ポグバが、彼自身の4月のハイライトシーンをピックアップしてくれた。

ポグバは、強力なライバル、アンデル・エレーラとアレクシス・サンチェスを抑えて4月の月間MVPに選出された。今シーズンのポグバの受賞は、8月に次いで2度目だ。

全5試合で3得点、2アシストという結果を挙げた4月は、ポグバにとってとりわけ実りの多い月になった。

マンチェスター・シティー戦では、2点ビハインドで迎えた後半戦、2連続得点を挙げて逆転勝利の突破口を開いた。ユナイテッドのこの勝利により、シティーの優勝決定はおあずけとなった。

月間MVPはポグバ article

昨年の8月以来となる月間最優秀選手賞に輝いた

彼自身にとっての4月のハイライトを聞かれたポグバは、

「間違いなくシティー戦だ。彼らは優勝してしまったけれど」と答えた。

彼に投票してくれたファンへの感謝の気持ちを口にしたポグバは、いまは、レッズがこのシーズンをできるだけ良い状態で終えることだけに集中しているとMUTVに語った。「うれしいよ。僕に投票してくれた人たちすべてにお礼を言いたい。でも自分にとって一番大切なことは、リーグ戦を2位で終えて、FAカップに優勝することだ。それが実現したらみんなにとってもものすごくハッピーだよね」

シティー 2-3 ユナイテッド動画

今シーズンを振り返り、個人的にも良いシーズンであり、昨年よりもチームに貢献できたと感じているとプレミアリーグ・プロダクションとのインタビューで話したポグバ。

「大きな怪我をして何試合も欠場してしまったけれど、今は調子も良い。そのことは、より多くのアシストができていることでも示せていると思う。去年みたいにポストやクロスバーに当ててもいないしね。だから満足している。ゴールにも何度か絡めたし、ハッピーだよ」

言う

今季は数試合でキャプテンの腕章も授けられた。そのことをポグバは、栄誉だと感じている。

「監督やチームメイトたちが自分を信頼してくれているのは素晴らしいことだ。キャプテンの腕章をつけられるのも誇らしい。このシャツを着てオールド・トラッフォードでプレーできるだけで十分誇りに感じているのにね!僕はここのアカデミーで育ったから、ファーストチームでプレーすることをいつも夢見ていた。それが実現したんだから、うん、やっぱりとっても誇りに思うよ」。