オーレ・グンナー・スールシャール

オーレ就任から獲得した勝ち点はリーグ最高

アーセナル戦の敗戦は残念な結果だったが、より大きな視点から見てみると、オーレ・グンナー・スールシャールが暫定監督に就任して以降、クラブがどれほどの成功を収めてきたかがわかる。

オーレが昨年12月19日に暫定監督に就任して以降、ユナイテッドはプレミアリーグ13試合で勝ち点32を獲得した。

13試合であげた10勝は、カーディフ・シティー戦、ハダースフィールド・タウン戦、ボーンマス戦、ニューカッスル・ユナイテッド戦、トッテナム・ホットスパー戦、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦、レスター・シティー戦、フルアム戦、クリスタル・パレス戦、サウサンプトン戦で、バーンリー戦とリヴァプール戦は引き分けに終わった。

オーレが就任してからこれほどの成功をあげられるとは、どれだけ楽観的なサポーターを含めても、誰も想像していなかったに違いない。この功績は称えられて然るべきだ。

オーレが残した功績

 オーレが昨年12月19日に暫定監督に就任して以降、のプレミアリーグ13試合で32を上回る勝ち点を記録したチームはいない。

現在リーグ首位、そして昨季の王者マンチェスター・シティーは同期間中に勝ち点30を獲得。

その次に多く勝ち点を獲得したのはリヴァプールの28で、アーセナルは4位の26、トッテナムは22、チェルシーは20と続く。

現在リーグ5位のユナイテッドは、シーズン終了まで8節を残している。ファンは、劇的な結末を迎えることを期待しているに違いない。

オーレも選手たちも、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権がかかるトップ4浮上に関しては楽観視し、自信を深めている。

残るリーグ戦は、ワトフォード(ホーム)、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(アウェイ)、ウェストハム・ユナイテッド(ホーム)、エヴァートン(アウェイ)、マンチェスター・シティー(ホーム)、チェルシー(ホーム)、ハダースフィールド・タウン(アウェイ)、カーディフ・シティー(ホーム)との試合だ。

アーセナル戦ハイライト動画

オーレの就任から獲得した勝ち点ランキング

マンチェスター・ユナイテッド:13試合で勝ち点32
マンチェスター・シティー:13試合で勝ち点30
リヴァプール:13試合で勝ち点28
アーセナル:13試合で勝ち点26
トッテナム・ホットスパー:13試合で勝ち点22
チェルシー:13試合で勝ち点20

おすすめ:

関連キーワード