ユナイテッド

プロフィール:ドニー・ファン・デ・ベーク

マンチェスター・ユナイテッドと同様に、オランダの強豪AFCアヤックスも生え抜きの選手を何人も育成している。ドニー・ファン・デ・ベークも、近年で最も才能のある若手の一人だ。

アヤックスのユース出身で、10代でファーストチームのスター選手にまで成長したファン・デ・ベークは、次なるチャプターとしてオールド・トラッフォードへの移籍を完了した。

23歳のファン・デ・ベークは、アヤックス時代にクラシックなボックス・トゥ・ボックス型の選手、そしてストライカーの後方でプレーする10番の役割を担った。万能性にも優れ、中盤でパートナーともプレーできるほか、パスのレンジも広く、得点力もある。

2019-20シーズンのエールディビジは新型コロナウイルスの影響で短縮されたが、ファン・デ・ベークは8ゴール、5アシストを記録。また、チームメートの得点機会を41回も作った。

1997年の4月18日にオランダのナイケルケルフェーンで生まれたファン・デ・ベークは、地元のVeensche Boysでフットボールを始め、2014年8月にアヤックスのアカデミーに加わった。

クラブのリザーブチーム、ヨング・アヤックスで2015年1月にデビューを飾り、その2ヶ月後にはエールディビジのADOデン・ハーグ戦のベンチに登録された。その試合では起用されなかったものの、将来を期待されていたことがわかった。

2014-15シーズン終盤にはAFCアヤックス・タレント・オブ・ザ・フューチャー賞を受賞し、ラファエル・ファン・デル・ファールト、ヴェスレイ・スナイデル、デイリー・ブリント、クリスティアン・エリクセンらの仲間入りを果たした。

ファーストチームデビューは2015年11月に行われたUEFAヨーロッパリーグでのセルティック戦で、ドニーは同年10試合に出場。偶然にも、同年の12月にオーレ・グンナー・スールシャール監督が率いたモルデとの試合で初ゴールをマークしている。

2016-17シーズンからファーストチームに定着すると、29試合に出場。同シーズン最後の試合はストックホルムで開催されたヨーロッパリーグ決勝でのユナイテッド 戦で、ファン・デ・ベークは70分に交代出場した。

2017-18シーズンはアヤックスで35試合に出場した以外にも、オランダ代表デビューも果たした。デビュー戦とったイングランド戦は、ジェシー・リンガードのゴールによりイングランドが1-0で勝利した。

トップタレントとして知られているファン・デ・ベークは、アヤックスがチャンピオンズリーグ準決勝に進出した2018-19シーズンにマタイス・デ・リフト、フレンキー・デ・ヨングらとのプレーでその名を轟かせた。

ドニーは、ベスト4に進出した同シーズンのチャンピオンズリーグで、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたトッテナムとの準決勝 第1戦での決勝ゴールを含め3ゴールをマークした。2019-20シーズンには、2-2のドローに終わったスタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦でもゴールを決めている。

昨季はコロナウイルスで短縮されたとはいえ、ファン・デ・ベークはエールディビジでの23試合で8ゴール、5アシストを記録し、過去最高のシーズンを送った。

ドニーはエールディビジ優勝、KNVBカップ、ヨハン・クライフ・スハール優勝という実績を残し、アヤックスから巣立った。

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーキットをUnitedDirectで発売中。

おすすめ:

関連キーワード