ユナイテッド

ヴァランヌがレアル・マドリーに別れのメッセージ

金曜日 30 7月 2021 16:19

ラファエル・ヴァランヌが、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を前に、レアル・マドリーに向けて感動的な別れのメッセージを投稿した。

今週の火曜日、ユナイテッドはフランス代表の獲得に関して、マドリーと基本合意したことを発表。同選手の移籍は、メディカルチェック、そして選手本人との契約締結をもって完了する。

この発表は、世界中のユナイテッド・サポーターの間で大きな興奮を呼び起こし、近い将来の移籍完了を誰もが待ち望んでいる。

レアル・マドリードでの10年でチャンピオンズリーグ優勝4回、ラ・リーガ優勝3回を果たし、世界のフットボール界で最も称賛されるディフェンダーの一人となったヴァランヌにとって、オールド・トラフォードへの移籍は新たな冒険になる。

ラファエルは、レアル・マドリードのサポーターに向けて、スペインの首都で過ごした10年間を振り返る長文の声明を、Instagramに発表した。

ヴァランヌの獲得に関して合意 article

ラファエル・ヴァランヌに関するクラブ公式声明。

「ここ数日間は様々な感情に包まれていた。今の気持ちを皆さんと共有したいと思います」

「素晴らしい10年を過ごさせていただき、レアル。マドリーは僕の心のクラブになった。そして、お別れの時が来たようです」

「2011年に加入して以来、僕たちはともにすべての期待値を超え、夢にも思わなかったことを達成してきました。僕のために尽くしてくれたすべてのコーチや、クラブで働いている、あるいは働いていた人たちに感謝したいと思います」

「いつも僕に多くの愛を与えてくれたマドリディスタの皆さんにも感謝しています。皆さんの大きな期待のおかげで、僕はベストを尽くし、自分を追い込むことができました。成功のため、戦うことができました」

オーレ「ヴァランヌは勝者」 article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、加入が見込まれているラファエル・ヴァランヌについて言及。

「僕は、世界最高の選手たちとロッカールームを共にするという栄誉を得ました。数え切れないほどの勝利、特に "ラ・デシマ "は忘れられません。その特別な瞬間に立ち会えたことは、とても光栄なことだったと実感しています」

「最後に、スペインの全国民、特に2人の子供が生まれたマドリードの街に感謝したいと思います。この国は私にとって特別な存在です。あらゆる意味で素晴らしい旅でした。すべてを捧げたという気持ちで旅立ちます。僕たちのストーリーにおいて、何一つ変えることなどないのです」

「そして、新たな章が始まります...」

おすすめ: