ユナイテッド

パレス戦での戦術を説明

日曜日 05 12月 2021 18:46

ラルフ・ラングニック暫定監督は、日曜日に行われたプレミアリーグのクリスタル・パレス戦で、マンチェスター・ユナイテッドが4-2-2-2のフォーメーションを採用した理由を説明した。

ユナイテッドはオールド・トラッフォードでパレスを1-0で破り、ラングニックの初采配を白星で飾った。

後半にフレッジが放った一撃が、最初から最後ま���相手を圧倒したユナイテッドに違いをもたらした。

「最初の30分は素晴らしかった」とラングニックは興奮気味に語った。「唯一足りなかったのは、1点、2点、3点とゴールを決められなかったこと。その後も試合の主導権を握れた」

フレッジはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。ラングニックは特に彼の守備面での貢献に感銘を受けたようだ。

「今日のように4人の攻撃的な選手を使って激しいプレーをするには、規律ある選手の存在が非常に重要だ」

「スコッティ(マクトミネイ)もフレッジも、その点では申し分ない」

ラングニック監督はミッドウィークのアーセナル戦からメンバーを変更せず、ユナイテッドのフォーメーションを若干変更した。その理由について、次のように語っている。

「私にとっては、アーセナル戦で勝利したのだから、多くを変えないことが論理的に思えた」

「問題は、どうやってボールを保持するかということだった」

「ジェイドン(サンチョ)とブルーノ(フェルナンデス)が10番のポジションでプレーしていたので、サイドバックが前に出てウイングでボールを奪うための十分なスペースがあった。それが、4-2-2-2を採用した理由だ」

ラングニックから高く評価されたジェイドン

「ブルーノとジェイドンはあのポジションでよくやってくれた。守備でも貢献してくれた」

「もちろん、相手をゴールから遠ざけ、一貫してプレッシャーをかけ続け、ボールを追いかけ、ボールを獲得することが重要だった。少しだけ以前と異なるフォーメーションを採用したが、変化は些細な部分のみ」

「マーカスとクリスチアーノの2人のストライカーを前線に置き、ジェイドンとブルーノを10番のポジションにして、それ以外のメンバーはいつもと同じポジションでプレーした。クリスチアーノが前線でパートナーを持つことで、ピッチの中央でコントロールできる方がいいと考えた。それがうまくいったと思う」

おすすめ: