ユナイテッド

ラングニック「チームの力になる」

日曜日 20 2月 2022 18:26

ラルフ・ラングニック暫定監督は、同点に追いつかれてから追加点を決めて4-2で勝利したリーズ戦でのチームの反応に満足していた。

マンチェスター・ユナイテッドは、ハーフタイムまでにハリー・マグワイアとブルーノ・フェルナンデスが力強くヘディングシュートを決めて試合の主導権を握っていた。

後半、ロドリゴとラフィーニャに得点を許して2-2になったものの、交代出場のフレッジとアンソニー・エランガがゴールを決めて勝利を決定づけた。

試合後、ラングニック監督はMUTVとSky Sportsの取材に応じ、この試合を振り返った。

リーズ戦での試練を乗り越えて

「1993年にVfBシュツットガルトとここに来たことがあるんだ。それは、かつてのヨーロッパカップ、現在のチャンピオンズリーグで、シュツットガルトとリーズとの対戦だったが、私が覚えているのは、その雰囲気が今日と似ていたということ。2人の監督にとってではなく、私たちにとって非常に重要な試合だった。2点を奪われてからチームは素晴らしい反応を見せ、ピッチ上で成熟した団結力を示した。

リーズの2点目について

「相手が同点ゴールを決める前のブルーノへのタックルについて、試合後にレフェリーと話した。レフェリーは、ドイツではVARを要求しなかっただろうと言っていた。これがイングランドだとね」

コントロールが鍵

「アストン・ヴィラでも同じような経験をしたが、今日は選手にとっても、私たちスタッフにとっても、『勘弁してもらいたい』と言うわけにはいかなかった。相手の2点目の後に見せた反応に関してだが、自分たちの気持ちを落ち着かせるのに5分はかかった。その5分後には試合に戻れて、最後の20分は試合をコントロールして、さらに2点を取ることができたし、取るべきだったと思います。アンソニー・エランガが最初に得たチャンスは、彼が最後に得たチャンスよりも大きかったと思う」

冷静だった

「私の知る限り、リーズ・ユナイテッドで(物が投げられた可能性について)調査が行われている。試合後には何もなかったと思う。アンソニー・エランガは大丈夫だと思う。それに、彼はゴールを決めたことに満足していた。もちろん、あのようなことはあってはならないし、今回の試合ではなおさらだと思う。イエローカードやレッドカードが出るようなことがあってはならないと思っていた。このような時には、冷静さを保つことが大切だ」

勢いの構築

「昨日の結果を受けて、なおさら今日は勝たなければならないと思っていた。このまま進むのみ。今日のこの経験が、チャンピオンズリーグや今後のプレミアリーグでの試合に向けて、さらにエネルギーを与えてくれると思いたい」

ラングニックの意識は水曜のアトレティコ・マドリー戦に

トップ4への挑戦

「私たちは(勝たなければならない)理解している。それはシーズンの残りの期間でも変わらない。できるだけ多くの勝ち点を獲得しなければならないし、この試合も勝たなければならない試合のひとつだった」

交代出場で勝ち越しゴールを決めたフレッジ

ファンのための勝利

「サポーターの皆さんはいつも素晴らしい。今日もそうだった。感情が高ぶる試合だったが、最後に選手たちがサポーターと一緒に勝利を祝ったのは当然だと思う」

おすすめ: