ユナイテッド

ラングニックがカナリーズ戦を総括

土曜日 16 4月 2022 18:50

ラルフ・ラングニック暫定監督は、ノリッジ戦でハットトリックを達成した“違いを生み出す”クリスチアーノ・ロナウドを称賛したが、2-0にリードを広げた段階で、もっと簡単な試合になるはずだったと考えている。

ユナイテッドはディーン・スミス監督率いるチームとの対戦で、ロナウドの2得点で試合開始から32分後に2点のリードを奪うという見事なスタートを切った。

しかし、ハーフタイムまでに1点を返され、後半に同点に追いつかれた。

しかし、ロナウドのハットトリックで勝利。この日はトップ4のライバルであるトッテナムとアーセナルがともに敗れ、ユナイテッドは大きな勝ち点3を手にした。

試合運びのまずさ

2つの素晴らしいゴールを決めた後だっただけに、なおさらだ。2-0でリードしていれば、もっと楽な展開になるはずだったのだが、そうならなかったのはディフェンスが十分でなかったからだ。もっと早い時間帯に失点していた可能性だってあった。相手が守備から攻撃に素早く転じた2つの場面について話している。今後の試合では、同様の場面でもっと上手く対応しないといけない。

リスクに見合う結果

ウェストハム戦やトッテナム戦と似たような状況だったので、可能な限りのリスクを背負って臨むしかなかった。ネマニャ(マティッチ)だけをホールディング6に据えてプレーすることを選択した。 しかし、あなたが言ったように、もし引き分けだったら、順位表だけでなく、ロッカールームの雰囲気も悪くなっていただろうね。

リヴァプール戦に向けて改善が必要

我々は自分たちのパフォーマンスに集中している。結果は良かったし、チームの勢いや自信にもつながるが、現実的でなければならない。このようなパフォーマンスでは、���ウェイのリヴァプール戦で何かを得ることはほとんど不可能だろうし、アウェイのアーセナル戦、ホームのチェルシー戦も難しい。もっとフィジカルに、もっとアグレッシブに、ボールに対して良いプレーをしなければならない。これが最大の問題であり、今日の最大の不満点だった。

ロナウドのキャリア60回目のハットトリック

驚くべきこと。特に2点目と3点目は見事なゴールだった。ヘディングでフィジカルを発揮してくれたし、トッテナム戦のように違いを生み出してくれた。

重要な1週間

みんな意識していると思うし、まだ競争の最中。先ほども言ったようにパフォーマンスとレベルを上げないといけない。

おすすめ: