ディーン

ラルフがヘンダーソンに伝えたこと

金曜日 14 1月 2022 15:41

ラルフ・ラングニックは、“ファンタスティック”なゴールキーパーであるディーン・ヘンダーソンがマンチェスター・ユナイテッドに留まってくれることを熱望している。

月間MVPを2ヶ月連続で受賞しているダビド・デ・ヘアの活躍もあり、24歳のディーンは2021-22シーズンは2試合の出場にとどまっている。夏には怪我やCovid-19にも悩まされた。

今シーズン最初の出場は、9月のカラバオカップでウェストハム・ユナイテッドに1-0で敗れた試合で、先月のヤングボーイズ戦でも68分間プレーしたが、その後、待望のレッズデビューを果たしたトム・ヒートンのために退いた。

 

ラングニックは、デ・ヘア、ヘンダーソン、ヒートンと、資質を備えた経験豊富なストッパー3人がチームにいることに満足していると語った。まだ3つのコンペティションで戦っているユナイテッドにとって、バックアップ要員が備えていることは重要だ。

しかし同時にドイツ人指揮官は、ヘンダーソンのトップリーグでの出場時間を増やしたいという思いに共感しているとも付け加えた。シェフィールド・ユナイテッドに期限付きで移籍していた2019-20シーズンには、ディーンはプレミアリーグの36試合でゴールを守り、昨シーズンはレッズで13試合に出場している。

ディーンが1月にレンタル移籍を希望しているかどうかを聞かれたラルフは、「そうだね、彼は素晴らしいゴールキーパーだから、彼には残ってほしいと伝えた」と答えた。

「昨日の練習でも、彼は何度か素晴らしいセーブを見せてくれた。3人のトップGKの一人として、彼にはここにいてほしいと思っている」。

ロナウド、ハリー、サンチョはヴィラ戦に出場可能 article

アストン・ヴィラ戦に向けたレッズの最新情報

「彼はGKとして定期的にプレーすべき年齢であるから、プレーしたいという気持ちは十分に理解できる」

「一方、我々はまだ3つのコンペティションに参加しているのだから、今いる3人のGKが必要だ」

「彼にはそのように伝えたが、同時にプレミアリーグの他の場所で試合に出たいという彼の気持ちも理解できる」。

 

おすすめ: