ユナイテッド

ラファエル・ヴァランヌ、これまでの歩み

月曜日 16 8月 2021 16:05

過去10年間で世界最高のディフェンダーの一人となったラファエル・ヴァランヌの実績は、その評価が正しいことを物語っている。

3度のラ・リーガ優勝、4度のチャンピオンズリーグ優勝、ワールドカップ優勝メダルなど、数々の名誉を手にしていることから、俊敏で、上品なボールプレーをするセンターバックがまだ28歳であることを忘れがちだ。

しかし、ヴァランヌは常に年齢以上の経験を積んできた。1993年4月に生まれたヴァランヌは、17歳になったばかりの頃、少年時代に所属していたランスで初めてプロ契約を結んだ。

ランスのジャン=ギー・ワレメ監督は、その才能を確信し、ディフェンスの負傷者が続出していた2010年11月のモンペリエ戦で、長身で、落ち着いた雰囲気のヴァランヌを先発に起用した。

ヴァランヌ独占インタビュー article

新加入ラファエル・ヴァランヌの初インタビューをチェック。

リーグアンで苦戦していたチームは珍しくクリーンシートを達成し、そのシーズンは降格することになったが、ヨーロッパのトップクラブは10代だった彼の可能性に注目していた。トップリーグで23試合に出場し、最後の試合ではキャプテンとしてリーダーシップを発揮したからだ。

リオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチの後継者を探していたサー・アレックス・ファーガソンも興味を示した。サー・アレックスの著書によると、ボスが自ら交渉に参加したが、レアル・マドリーと新スポーツディレクターのジネディーヌ・ジダンが介入してきたという。

思慮深く、勉強熱心なヴァランは、経済学の試験勉強をしていた際、マドリー移籍に関してジダンに連絡を入れたと言われている。この年の6月下旬にベルナベウのクラブに入団したヴァランヌは、その後10年に及ぶ関係をマドリーと築く。そして、スペインのクラブで最も歴史あるチームの支柱として活躍した。

2011-12シーズンのラ・リーガで存在感を発揮すると、すぐにセルヒオ・ラモスと並ぶセンターバックとしての地位を確立し、2013年には50試合以下の出場にもかかわらず、マルカ紙の「レアル・マドリー史上最高の外国人選手」に選ばれるほど、欧州で印象的な活躍をした。

その1年後には、リスボンでライバルのアトレティコ・マドリーを劇的に破り、「ラ・デシマ」と呼ばれる10回目のチャンピオンズリーグ制覇に貢献。

21歳になったヴァランヌは、クラブワールドカップの優勝でクラブの主要トロフィーをほぼコンプリートした。しかし、2016年1月にジダンがラファ・ベニテスに代わってベルナベウの監督に就任後、さらに多くのことが待ち受けていたのである。

ラファエルは、同年末のチャンピオンズリーグ決勝は怪我で欠場したが、レアルが1970年代のバイエルン・ミュンヘン以来の欧州カップ3連覇を達成した際には、再びチームの主要メンバーとして活躍し、2017年と2018年にはさらなる成功を収めた。

2017年にチームをラ・リーガ優勝に導いたジダンは、2018-19シーズンの不振により退任を発表したが、ラモス、カリム・ベンゼマ、トニ・クロースらと並んでヴァランヌが経験豊富なチームの中心的存在となったことで、再びタイトルを手中に収めた。

フランスを離れてからわずか10年余りで、ヴァランヌはレアル史上もっとも高く評価された外国籍選手の一人としてマドリードを離れるが、ローラン・ブラン、マルセル・デサイリー、リリアン・テュラムといったトップクラスのフランス人ディフェンダーのパンテオンの中で、その地位を確立することになるだろう。

様々なレベルのユースで活躍した彼は、2013年にフランス代表の一員としてフルデビューを果たし、翌年のワールドカップにも出場。大会の最優秀若手選手賞の候補者3人のうちの一人に選ばれた。

104年ぶりに最年少代表キャプテンに就任するも、怪我のために母国で開催されたEuro2016の決勝戦には出場できなかった。だが、2年後のロシア大会ではそれを補って余りある活躍を見せた。

ユナイテッドへようこそ、ラファエル! 動画

ユナイテッドへようこそ、ラファエル!

ラファエル・ヴァランヌを歓迎

ディディエ・デシャン監督が率いるチームは世界王者に輝いた。ヴァランヌは大会の全試合に出場し、準々決勝のウルグアイ戦では重要な先制ゴールを決めた。決して見出しを飾ることなく、ここぞというときに活躍する能力が、ラファエルのキャリアを決定づけている。

特にレアルでは、チャンピオンズリーグの後半戦での活躍で注目を集め、在籍中2シーズンを除き、あとのシーズンではベスト4に進出した。

普段はクリスチアーノ・ロナウドとラモスが主役であり、ヴァランは黙々と仕事をこなすことに満足していた。

スペインサッカーの専門家であるシド・ロウは、「長身で運動能力に優れたヴァランヌには存在感があり、控えめな威厳がある」と書いている。

ヴァランヌの背番号が決定 article

新たにレッズのメンバーになったフランス代表のスターが2021-22シーズンにつける背番号が決定

「しかし、ドレッシングルームで最も大きな声を出すわけでもなく、すぐにカリスマ性や派手さを発揮するわけでもない彼は、ピッチの内外を問わず注目を集めることはない」

「彼はただ、最も過酷な場所で10年間、レギュラーとしてプレーしているだけなのだ」

もちろん、オールド・トラッフォードもスポットライトと無縁というわけではない。すべてを見てきたヴァランヌほど、成功するための条件を備えた新加入選手はいない。

おすすめ: