ラファエル

ヴァランヌの背番号が決定

土曜日 14 8月 2021 13:19

マンチェスター・ユナイテッドへの入団が正式に発表されたラファエル・ヴァランヌの背番号が『19』になることが決定した。

現ワールドカップ王者のフランス代表の一員であるヴァランヌは、レアル・マドリーからレッズへの移籍を完了。シーズン開幕を迎え、オーレ・グンナー・スールシャール監督の守備オプションをより充実したものにしてくれる。

背番号『19』は、ヴァランヌが2011年にフランスのランスからレアル・マドリーに移籍したときに最初につけた番号だ。

ユナイテッドがヴァランヌと契約 article

ラファエル・ヴァランヌとの契約を発表

レアルで4度チャンピオンズリーグ優勝を経験しているヴァランヌは、この間、19番のほかに2番と5番を背負ってプレーしている。

ユナイテッドでこれまで19番をつけていたのはアマドだが、彼は16番に変更。

ちなみに今シーズン、トム・ヒートンは22番、アンソニー・エランガは36ショラ・ショレティレは47番をつけてプレーする。

背番号19は、マーカス・ラッシュフォードが2016-18シーズンにつけていたほか、GKエドウィン・ファン・デル・サールも2005-06シーズンに身につけている。

その他、アカデミー卒業生のダニー・ウェルベックやニッキー・バット、ドワイド・ヨークも98-99シーズンと01-02シーズンにつけていた。

ファン待望の、新たなユニフォームに袖を通したヴァランヌの姿は、来週セントメリーズで行われるサウザンプトン戦(現地時間14時キックオフ)で目にすることができるだろう。

おすすめ: