click to go to homepage
ルカク

好調ルカクが2得点!

Share With

ベルギー代表のW杯前の仕上げの一戦である月曜夜のコスタリカ戦で、ロメル・ルカクが2得点をあげた。

ベルギーの首都ブリュッセルのキング・ボードゥアン・スタジアムで行われたコスタリカ戦で、ベルギー代表は前半にリードを許すも、その後逆転して4-1で勝利をおさめた。

ルカクは2ゴールをあげ、代表戦での成績を65試合出場36得点に伸ばした。

中米の雄コスタリカは24分、キャプテンで元フルアムのFWブライアン・ルイスが守備の隙をついて先制点をあげた。

しかしベルギー代表は7分後にナポリ所属のドリエス・メルテンスが同点に返すと、メルテンスは前半終了間際にはルカクにシュートチャンスをお膳立て。ルカクはレアル・マドリー所属の相手GKキーラー・ナバスを出し抜く追加点をあげた。

ルカク
ゴール至近距離からのシュートで2-1となる逆転打を決めたルカク

ユナイテッドの背番号9は50分、後半から出場したナセル・チャドリのクロスをヘディングで押し込んでリードを広げる。

この得点はルカクにとって2018年に入って5点め、ロベルト・マルティネス監督下の9試合では12点目のゴールとなる。

ルカク
豪快なヘディングシュートでこの日2点目を決めたルカク

65分にトルガン・アザールと交代する直前には、チェルシーでプレーするミッチー・バチュアイのゴールをアシスト。

デビューシーズンで27得点をおさめたユナイテッドのフロントマンは、ベルギー代表でもインパクトを与えようと意欲に燃えている。

ベルギーの初戦は、月曜のパナマ戦だ。