ディーン

シェフィールドUTDで成長したディーン

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ディーン・ヘンダーソンにとって、シェフィールド・ユナイテッドへの期限付き移籍は、ゴールキーパーとして成長する上で貴重な経験になったと話した。

イングランド代表GKであるヘンダーソンは、期限付き移籍でシェフィールド・ユナイテッドに2シーズン所属し、2018-19シーズンには、プレミアリーグ昇格の一端を担った。そして昇格初年度の昨シーズンも、9位という好成績に寄与した。

今夏レッズに復帰した後は、これまで5試合に出場している。

木曜のシェフィールド・ユナイテッド戦は、ディーンにとって、復帰後初の古巣訪問となる。オーレは

「期限付き移籍がいかに恩恵があるかという好例だ」と試合前会見の席で話した。「ディーンは下部組織から着々と成長を遂げてきた。そしてシェフィールド・ユナイテッドでの2年間で、成熟したクオリティーの高いキーパーへと成長した。

トップリーグ昇格に続き、昨シーズンは昇格初年度という貴重な体験もした。彼のその経験は、我々にとっても非常に価値のあるものだ」

「イングランド代表でもデビューし、ユナイテッドに復帰後は、めきめきとマンチェスター・ユナイテッドのスタイルを習得している」

ヘンダーソンは昨シーズン、シェフィールド・ユナイテッドで36試合に出場し、クリス・ワイルダー監督肝入りの3バックシステムとともに13回のクリーンシートを実現している。

レッズのプレースタイルはそれとは異なるが、ゴールキーピングの基礎的な部分をしっかり学べたことは23歳のGKにとって成長をうながす大きな助けになったとオーレは感じている。

「我々のプレースタイルは若干異なるため、彼に求めるものも違ってくるが、彼を成長させてくれたシェフィールド・ユナイテッドとクリスには非常に感謝している」。


おすすめ: