レッズ

リーグ最年少、ウルヴズ戦のレッズ

月曜のウルヴズ戦は1-1で引き分けたが、そのドラマティックな展開に隠れて、見落とされていたかもしれないある重要なデータがあった。

モリニュー・スタジアムでのキックオフちょうど1時間前に、メンバーが公式に発表になった。スタッツのエキスパート、Opta社がさっそく精査したところによれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督の先発メンバーは平均24歳173日と、今シーズンのプレミアリーグでもっとも若いイレブンだった。

さらには、ユナイテッドの歴史においても、これは2016-17シーズンの最終戦、対クリスタルパレス戦での22歳284日に次ぐ若さであった。

ウルヴズ戦ハイライト動画

開幕戦の平均年齢を更新した理由は?

開幕戦のチェルシー戦でも、スールシャールが送り込んだ先発イレブンは平均24歳227日で、10試合中最年少だった。そしてこのメンバーで、チェルシーを4-0で破った。

2戦目のウルヴズ戦では、オーレは先発イレブンのうち1人だけ変更し、23歳のアンドレアス・ペレイラに替えて21歳のダニエル・ジェームズを起用した。これにより平均年齢はさらに下がった。

年齢は若いが経験は豊富

たしかに年齢的には2017年5月以来の若さだが、経験がないわけではない。まず若いといっても先発メンバーに10代の選手はおらず、最年少のアーロン・ワン・ビサカ、ダニエル・ジェームズ、マーカス・ラッシュフォードでも21歳、スコット・マクトミネイは22歳、アントニー・マルシャルが23歳だ。

プロサッカー選手のキャリアという大きな枠の中でみれば、たしかに彼らはみな若い。しかし彼らは決してまったく未経験の新人ではない。

スールシャールは常々、経験豊富なベテランと勢いのある若手が融合したチームが作りたい、と理想を語っていたが、この試合でもっとも年長者だったのは、キャプテンを任された28歳のGKダビド・デ・ヘアだった。

 

ウルヴズ戦での先発イレブンの年齢:デ・ヘア(28)、ワン・ビサカ(21)、マグワイア(26)、リンデロフ(25)、ショー(24)、マクトミネイ(22)、ポグバ(26)、ジェームズ(21)、リンガード(26)、ラッシュフォード(21)、マルシャル(23)

途中出場したベンチメンバー:マタ(31)、グリーンウッド(17)、アンドレアス(23)

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

 

おすすめ:

関連キーワード