ユナイテッド

オーレが考える攻撃哲学

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドを率いる者として、攻撃哲学を持っている。

今シーズンのユナイテッドは、プレミアリーグで2位の37ゴールを記録しているが、20試合で喫した失点もトップ10チームの中で最多の27だ。

オーレは、金曜の会見で上記の数字に驚いていないとコメント。失点は攻撃が中心というスタイルの副産物と述べた。

監督は、ジャーナリストのアンディ・ミッテンの質問に「もし君がマンチェスター・ユナイテッドのサポーターなら、1-0で勝つより3-2での勝利を望むだろう。ゴールも記録するが、失点もする」と語った。

「我々は、失点よりコンスタントに得点を記録している。もちろん、3-2で勝つより3-0の方が良いさ! 失点を喜ぶことなどない。今シーズンの失点のうち6点は1試合(トッテナム戦)swのもので、それがこの数字の理由だ」

「我々はハイプレスに力を入れている。我々はチーム全体で守備をする。昨年から成長してきた部分だ。アーセナル戦ではコンパクトなユニットとして戦いたい」

シェフィールド・ユナイテッドに1-0で敗れたため、エミレーツ・スタジアムでは結果が欲しい。

ユナイテッドがリーグ戦で敗れたのは、昨年11月にオールド・トラッフォードでガナーズに敗れて以来だった。

その後はリーグ13試合で無敗が続いた。

「敗戦から学びたいなんて思わない。誰でも勝った試合から何かを得たいと思うもの」とオーレは語った。「我々は良い状態だったが、今シーズンはこういうもの」

「昨年の11月1日から無敗で追われるとは思っていなかった。そうしたかったが、これから無敗を続けたい」

「これまでも敗戦から立ち直ってきた。今シーズンも敗戦から素晴らしい形で挽回してきた。アーセナル、それからバシャクシェヒルに続けて負けたが、それ以外は敗戦後も良いパフォーマンスを見せている」

「全員が良いパフォーマンスをしてくれるだろう。良い結果を残したい」

おすすめ: