ユナイテッド

監督がウルヴズとの接戦を総括

日曜日 29 8月 2021 21:42

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ダビド・デ・へアとメイソン・グリーンウッドを称賛し、マンチェスター・ユナイテッドはモリニューでウルブズに勝利した。

スールシャール監督は、試合の大半を通じて苦戦を強いられたことを認めた。敵地での大声援の前で勝利を得られた結果を喜んだ。

Sky Sportsとのインタビューと試合後の記者会見、そしてMUTVでのインタビューの要点を以下にまとめた。オーレは、決勝点、また、ユヴェントスから獲得したクリスチアーノ・ロナウドがチームにどのようにフィットすると考えているかについても語ってくれた。

勝利を手にできて嬉しい
嬉しいよ。素晴らしい結果だ。どちらが勝ってもおかしくなかった。もちろん、一時的にはプレッシャーを受けていたが、ポゼッションで有利にプレーできた。綺麗な試合ではなかったが、誰が見ても楽しめる試合だった。どちらのチームもボックスでプレーできた。観客も熱狂していた。やっと自分たちのゲームを取り戻すことができた。

デ・へアのセーブはスペシャル
相手の方が我々より多くのチャンスを作っていたが、ウチには良いGKがいる。ダビドは強い気持ちと自分自身を取り戻し、エネルギーに満ち溢れて戻ってきた。それは、日々の練習でもわかる。あのコーナーからの2つ目のセーブは特別だ。あれはただ当たっただけではない。反応していたし、彼の腕もシュートに負けなかった。
決勝点
今週はハッピーだ。それが監督というもの。先週(サウサンプトン戦)は、相手がゲームの流れを維持したいと言っていた。今日の相手は試合の流れを維持していたし、(ポグバのネヴェスに対するプレーは)正当なチャレンジだったと思う。私は、昨年見られたような、バスケットボールのように選手が倒れてフリーキックになってしまうようなことがないように気をつけないといけなかった。また、ラグビーのような試合ににならないように気をつけなければならないと伝えた。我々は選手のことを考えないといけない。この3週間、レフェリングはとても良かったと思う。マッチ・オブ・ザ・デイやフルゲームを少し見たが、審判はもっと寛大になって、試合の流れを重視するように言われてしまう。自分に不利な結果になれば不満を感じてしまうが、次のステップに進まないといけない。自分たちに良い結果になった時は、あまり話したがらないものさ。
サウスゲートと話した
「(グリーンウッドについて)彼はは特別だ。ガレスとは話をした。メイソンのことはもちろんだが、他の選手についても話し合った。メイソンはマンチェスター・ユナイテッドとイングランドのトッププレーヤー。彼ははもちろん国のためにプレーしたいと思っている。ただ、今は目の前のフットボールに集中するのが一番だと思う。最終的にはイングランドのために活躍してくれると信じている。

ロナウドの起用法
クリスチアーノは選手として進化している。以前は右でも左でも前でもプレーしていましたが、今は間違いなくセンターフォワードとしてプレーしている。2トップや3トップでプレーすることもあるだろうが、私は彼にボックス内に入ってもらい、ゴールを決めてもらいたい。

移籍の経緯
これがフットボール。たまにはこういうこともある。我々は常にクリスチアーノを注視していた。彼が移籍することになれば関心を持つ。今年の夏に彼がユヴェントスを離れるとは思っていなかったが、いざ離れるとなると、もちろん彼と話をしなければならなかった。マンチェスター・ユナイテッドに関心を持つ全員が望んでいたし、皆が役割を果たした。しかし、最大のポイントは、クリスチアーノが復帰を希望したということ。

移籍の噂について
個々の選手について話すつもりはないが、話し合いは続いている。何人かの選手に関して問い合わせがあった。もちろんクリスチアーノが加入したことで、何人かの選手のプレー時間が減るかもしれない。ダンは今のところ、マン・ユナイテッドの選手だ。

おすすめ: