ユナイテッド

3選手が負傷

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、3-1で勝利したエヴァートン戦で3選手が負傷したことを明かした。

エヴァートンに先制されたものの、ブルーノ・フェルナンデスのゴールで同点に追いつくと、マーカス・ラッシュフォードを狙ったクロスがそのまま決まって逆転。

またブルーノは、エディンソン・カバーニのユナイテッド初ゴールもお膳立てした。

勝つには勝ったが、3選手が負傷する事態を迎えてしまった。監督は、試合日程に関して苦言を呈している。

試合後のインタビューで負傷者について聞かれたオーレは「ビクトルは背中、マーカスは肩、ルークはハムストリングを痛めた。すぐに思い出せるのは彼らについてだ。ほかの選手は無事だと良いのだが。ダビドは(ミッドウィークに)プレーしなかったが、鼠蹊部に問題を抱えている」と述べた。

監督は、水曜の夜にトルコでUEFAチャンピオンズリーグの試合をこなしたにもかかわらず、土曜のランチタイムキックオフという日程に苛立っていた。

「あと1日、もしくは26〜28時間くれれば、もっと良いプレーができる。今日の前半がトップパフォーマンスだった。ボールを奪い、ファンタスティックなゴールだった」

「後半は疲れもあって、サバイバルモードだった。本当に疲れていたが、良くやってくれた。スコット、フレッジ、ビクトルは水曜にプレーしなかったし、フアンもトルコでプレーしなかった。しかし、彼ら以外の選手は本当に疲れていた」

おすすめ: