オーレ

ロナウドがニューカッスル戦で2度目のデビュー

金曜日 10 9月 2021 15:38

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、土曜日のニューカッスル戦に臨むチームについての最新情報を明かした。

金曜に行われた会見でオーレは、クリスティアーノ・ロナウドは、この試合で間違いなくユナイテッドでの2度目のデビューを飾るだろうと話した。

今回のワールドカップ予選に自国の代表として出場していたメンバーは幸い、イングランド代表から離脱したジェイドン・サンチョを除き、一人も怪我なく帰還した。

マンチェスターに戻ったサンチョもチームメイトとともにトレーニングを続け、マグパイス戦に間に合うよう調整中だ。

「彼らが元気に戻ってきてくれますように、というのは、いつも願うことだ」とクラブメディアに話したオーレ。「彼らはみな良いムードで帰ってきた。良い結果を出せたり、ゴールを決めたり。そしてここに残っていた選手たちも頑張った。みんなが待ち望んでいる一戦に向けて、良い準備ができている」

「ジェイドンは、戻ってきてからの数日トレーニングできている。イングランドの試合に出られなかったことは残念がっていたが、コンディションを上げて試合に出たいと意欲的だ」

 

ロナウド「勝つためにここにきた」 article

ふたたび勝利をおさめるためにユナイテッドに戻ってきた、とロナウドは熱い思いを語った

フレッジは今週末の試合と、火曜のチャンピオンズリーグ初戦、ヤングボーイズ戦を欠場することになるかもしれない。これはブラジルが、プレミアリーグの数人の選手に対し、代表召集に応じなかったことに対する5日間の出場停止処分を発動したためだ。

この処分には異議申し立て中で、オーレは「フレッジなしで準備を進める必要がある。しかし状況が変わって、彼を起用できるようになるよう祈っている」と語っている。

アレックス・テレスとスコット・マクトミネイは、コンディション回復に向けてトレーニングに励む様子を、我々のカメラマンがとらえている。

「アレックスはまだ100%ではない」と示唆したオーレ。「あと数週間は必要だろう。スコットは手術の後、非常に早く回復している。彼が出場するかどうかはわからない。おそらくしないだろうが、他に誰がプレーできるかによる」

マーカス・ラッシュフォードも復帰に向けてコンディションを上げている。ディーン・ヘンダーソンとフィル・ジョーンズも、全体練習に参加している。

「ディーンは疲労の後遺症もないようで、非常にポジティブだ」とオーレは話した。

新加入のロナウドは、1試合出場停止処分になったためにポルトガル代表から早めに離脱し、火曜日にユナイテッドに合流した。それ以来、彼が今週末オールド・トラッフォードに登場するか、期待感が高まっている。

指揮官は、試合中のどこかで彼はピッチを踏むと明言した。「彼はユヴェントスで充実したプレシーズンを過ごした。代表チームでもプレーし、ここに合流してからも、良い調整ができている。彼がピッチを踏むことは間違いない」

コートジボワール代表に帯同していたエリック・バイリーは水曜にキャリトンに戻ったが、チームメイトのアマドは欠場となる。

若手では、アルバロ・フェルナンデス、ハンニバル、ジョー・ヒューギルが、代表ウィーク期間中はシニアチームのトレーニングに参加した。オーレにとっては、選手選びの選択肢が広がった。

ロナウドとヴァランヌがバナーに登場 article

開幕を記念してお披露目したイーストスタンドのバナーに、ワールドクラスのスター選手が追加

ラファエル・ヴァランヌはまだレッズのシャツをまとってシアター・オブ・ドリームスの地を踏んでいないが、彼もポール・ポグバもアンソニー・マルシャルも、フランス代表でのミッションを無傷で終えた。彼がディフェンスの中心に陣取る可能性は大いにある。

サンチョにもホームでの初先発の期待がかかる。また、ウルヴズ戦で途中出場したエディンソン・カバーニも、監督の構想に入っていることだろう。ジェシー・リンガードは、イングランド代表のアンドラ戦で2得点と目覚ましい活躍を見せた。彼にもチャンスがありそうだ。

その他のイングランド代表組では、ハリー・マグワイア、ルーク・ショーともに出場が見込まれる。スウェーデン代表キャプテンのビクトル・リンデロフも同様だ。

ブルーノ「ロナウド加入でタイトルに近づいた」 article

ブルーノ・フェルナンデスが、クリスチアーノ・ロナウドについて語った。

ニューカッスルのチーム情報

元レッズのキャプテン、スティーブ・ブルース監督は、カラム・ウィルソンは大腿部の負傷のため欠場すると発表。スコットランド代表で怪我を負ったライアン・フレイザーも同じく欠場する。

GKカール・ダーロウはトレーニングに復帰しているが、マルティン・ドゥーブラフカは離脱中。ジョンジョ・シェルヴィーとポール・ダメットも離脱中で、アイザック・ヘイデンも復帰の途にある。

ミゲル・アルミロンはフレッジと似た状況にある。渡航後10日間の自主隔離になることを避けるため、パラグアイ代表戦に参加しなかったことによる謹慎処分を回避できるかどうか。

しかしブルース監督は、アルミロンの出場にはゴーサインが出るだろうと希望的観測をもっているようだ。

おすすめ: