オーレ・グンナー・スールシャール

最新チーム情報

マンチェスター・ユナイテッド暫定監督のオーレ・グンナー・スールシャールが、水曜にアウェイで行なわれるクリスタル・パレスとの試合に向け、選手の健康状態に関して語った。

ユナイテッドは、0-0のドローに終わったオールド・トラッフォードでのリヴァプール戦でアンデル・エレーラ、フアン・マタ、ジェシー・リンガードの3選手が負傷。ネマニャ・マティッチは、前節を欠場した。

また、リヴァプール戦の序盤に相手との接触が目立ったマーカス・ラッシュフォードも、試合の大半を通じて足を引きずる様子を見せ、状態が不安視されている。

オーレはMUTVとのインタビューで「3人(エレーラ、又、リンガード)は出られない」と語った。

「ラッシー(ラッシュフォード)に関しては、できる限り時間をかける。彼が出場できるかどうかを判断するためにね。思っていたよりも状態は悪くなかった。彼を最後まで出場させた影響はなかったと考えて良いだろう」

「出場する可能性はある。しかし、彼以外の負傷者が復帰するとは思っていない。若い選手にとってのチャンスになる」

ユナイテッド
リヴァプール戦ではリンガードを含む3選手が負傷。マーカス・ラッシュフォードは打撲を負った状態で最後までプレーした。

試合前日の会見でも、オーレは負傷者に関する情報を明かした。

「マッテオ(ダルミアン)は練習に参加したが、まだプレーできる準備は整っていない。練習に参加したのは昨日なのでね」

「マルコス(ロホ)は練習に継続して参加できているので、メンバーに加えたい。筋肉系の問題を抱えている選手の復帰を考える時期ではない。複数の選手が出場できない状態だ」

オーレは、フィル・ジョーンズもサウスロンドンへの遠征に帯同できないことを明かした。

「フィルは風邪を引いていて、しばらく離れている。だが、幸いにもセンターバックは揃っている。エリック、クリス、ビクトルの準備はできている」

アントニー・マルシャルとアントニオ・バレンシアの復帰について、オーレはメディアに次のように語った。

「バレンシアは、再びふくらはぎを痛めて離脱している。数週間は出られないだろう。彼はランニングを再開させた。それでも、まだ数週間はかかる」

「マルシャルも懇切には出場しない。リスクを冒せない。サウサンプトン戦で復帰できるかもしれないが、またしても早期に復帰させるリスクは冒せない」

「結果論かもしれないが、ジェシーは復帰を熱望した。試合に出場するために練習で必要なことを全てこなしたし、リカバリーワークも全てこなした。しかし、何日か早かったのかもしれない。ただ、リヴァプール戦だったために、彼はどうしても加わりたかったのだろう」

クリスタル・パレス情報

 オーレのユナイテッドと同様に、クリスタル・パレスも自信を持って今節に臨むだろう。先週の土曜、パレスはキングパワー・スタジアムでレスター・シティーに4-1で勝利。クロード・ピュエル監督にとって最後の試合となった。

同試合では、元ユナイテッドのウィルフレッド・ザハが2ゴールを決めてマン・オブ・ザ・マッチに選出された。彼もまた絶好調の状態に戻ったが、イーグルスも負傷者を抱えている。

レスター戦で負傷交代したママドゥ・サコは、検査を受ける必要がある。若いが評価の高いサイドバックのアーロン・ワン・ビサカは、ハムストリングの負傷で前節を欠場した。

マーティン・ケリーも筋肉の負傷により前節を欠場。コナー・ウィッカムとパプ・スアレは長期離脱中だ。

おすすめ:

関連キーワード