ユナイテッ

ウェバー「ラッシュフォードは活力を得て復帰する」

火曜日 12 10月 2021 16:28

肩の手術後に休んでいたマーカス・ラッシュフォードは、休養の恩恵を受けることになるだろう。

これは、元マンチェスター・ユナイテッドのフォワード、ダニー・ウェバーの見解だ。ウェバーは、月曜日に放送された「The Debate」に出演した。

ラッシュフォードは先週、マンチェスター大学から名誉博士号を授与されたが、現在は3ヶ月間の休養を経てピッチに復帰することに完全に集中している。

2016-17シーズン以降、マーカスは1シーズン平均50試合以上に出場してきた。ウェバーは、しばらくの間休養を取れたことで10番が完全復活し、新たなスタートを切ることができると確信している。

「マーカスはこの2年間、多くの試合に出場してきたので、復帰したときにはリフレッシュして、準備万端で戻ってもらいたい」

「彼には休息が必要だった。怪我は悪い結果だったが、彼には休息が必要だったんだ」

「彼は新鮮な気持ちで、元気になって、また前に進める」

マーカスの復帰は、早ければ土曜日になるかもしれない。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、キング・パワー・スタジアムで行われるレスター戦での出場に関して、楽観視している。

マーカスは、すでに豊富な戦力を誇る攻撃陣に加わることになるが、ウェバーは、今後数週間でフォワードたちがギアを上げていくのを見たいと願っている。

「実際、フォワードは本当に充実している」

「先日(エヴァートン戦)のサブメンバーには、マーカスは入っていない。マルシャルは試合に出たが、ロナウドやカバーニもいる。ジェシーも自分の力を出し切ってプレーしている」

「あり余るほどだが、適切な戦力を有し、リズムに乗って、対戦相手を蹴散らさないといけない」

ここまでのリーグ7試合でわずか2勝という厳しいスタートを切ったフォックスだが、ウェバーは彼らが危険な存在であると認識している。特に、プレミアリーグの得点ランキングでモー・サラーと並ぶ6ゴールを挙げているジェイミー・ヴァーディはその一人だ。

ユナイテッドはセンターバックに問題を抱えており、ネイションズリーグの決勝戦で早々に退場したラファエル・ヴァランヌの状態が心配される。

ビクトル・リンデロフとエリック・バイリーが有力な候補で、フィル・ジョーンズも復帰可能だが、ウェバーは、誰で4バックを組むかにかかわらず、ユナイテッドが主導権を握るべきと考えている。

「彼らはボールを回し、ヴァーディという脅威がいる。相手が誰であろうと、彼は常に挑み続け、動き続け、試合を厄介なものにする」

「相手には良い選手がいて、良いチーム。ブレンダン・ロジャースも良い監督だ。難しい試合になるが、我々は自分たちのやるべきことをやるしかない」

「試合では自分たちの力を発揮することが大切だ。攻撃的な選手の話をしたが、後方に1人か2人の選手が残っているのなら、相手を倒さないといけない。攻撃は最大の防御だ」

おすすめ: