ユナイテッド

カバーニ加入から1年

火曜日 05 10月 2021 17:05

時計は81分を回っていた。UEFAチャンピオンズリーグで、マンチェスター・ユナイテッドはビジャレアルに抑えられていた。

ネマニャ・マティッチが左サイドのスペースにボールを出したが、クリスチアーノ・ロナウドはセルビア人と波長が合わない。

相手DFフアン・フォイスが危険を察知しボールを外に出し、イエローサブマリンがユナイテッド戦で再び好結果を出すかと思われた。

突然、ストレトフォード・エンドがざわめいた。観客は、ピッチの中央からタッチラインに向かって猛ダッシュする赤いシャツを見た。彼はそこまで行くのか?

行くのだ。

フォイスの前に飛び出した彼は、ボールが白線に触れる瞬間にボールを奪い、決勝点をあげる機会をうかがうブルーノ・フェルナンデスに渡した。

この瞬間、スタジアムは大歓声に包まれた。彼がクラブと契約してから約1年が経過した今、オールド・トラッフォードの満員の観客が、ニューヒーローの一人であるエディンソン・カバーニの貢献を初めて認めた瞬間だった。

ナポリ時代から「エル・マタドール」の愛称で親しまれてきた彼は、これまでのユナイテッドでのキャリアの大半を誰もいないスタジアムで、何列もの空席の前でプレーしなければならなかった。

サポーターが与えてくれる音や色を楽しみにしている選手にとって、新型コロナウイルスと共生が必要な時代のフットボールは容易ではない。

しかし、フェルナンデスとグリーンウッドがピッチに立ち、ロナウドがベンチ入りしていても、土曜日のユナイテッドのホームゲーム、エヴァートン戦でこれまでのシーズンと同様、カバーニの「キング・オブ・ウルグアイ」が圧倒的なチャントの一つとなっていたのには理由がある。

カバーニはファンと繋がっている。私たちは、彼の献身的な姿勢、仕事に対する姿勢、ひたむきにボールを追う姿を愛している。ミッドウィークにフォイスを追い詰めたことは、その一例でしかない。

そのカバーニがフリーエージェントとしてクラブに加わるというニュースに懐疑的な反応を示したのは、私だけではなかったはずだ。

日付は2020年10月5日、前日のトッテナム・ホットスパーにホームで6-1の大敗を喫したことで、頭はまだ混乱していた。

ウルグアイ人選手は、ナポリやパリ・サンジェルマンでの実績に敬意を払っていたが、一方で、最高レベルの舞台では、特にチャンピオンズリーグのノックアウトステージでは結果を残せていなかった。

怪我やパンデミックの影響で数ヶ月間プレーできなかったカバーニは、ユナイテッドに移籍した。せっかく開花し始めた若くて素早い攻撃的な前線を台無しにする、という否定的な意見もあった。

果たしてカバーニはイングランドで活躍できるのか? 彼はパニック・バイだったのか? 多くの疑問が投げかけられたが、34歳のカバーニは、負��や出場停止、南米の家族と離れて過ごさなければならないなど、個人的な困難に直面しながらも、それらの疑問に答えてきた。

ユナイテッドのストライカーとして認められるためには、ハードなランニングや献身的なプレーだけでは不十分で、ゴールが必要だ。

カバーニは1年目のシーズンに39試合で17ゴールをマーク。決めたゴールの中には重要な場面で生まれたものもあった。

セントメリーズでのサウサンプトン戦で2点差を逆転するために飛び込んだヘディングシュートも印象的だ。

スパーズ戦では、後半にユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ率いるチームにリベンジするために、今シーズンで最も印象的なパフォーマンスを披露したときのヘディングシュートもあった。

ヨーロッパリーグ準決勝のローマ戦では両足でゴールを決め、決勝のビジャレアル戦では同点ゴールを決めた。

この活躍により、14カ月間スタジアムから締め出されたにもかかわらず、ユナイテッドファンはソーシャルメディアでABBAの大ヒット曲「Gimme Gimme Gimme」を歌うという新たなチャントが誕生した。

冬から春への季節の変わり目に、カバーニは素晴らしいパフォーマンスを見せた。4週間で8ゴールを決めたことで、ユナイテッドはプレミアリーグでの地位を確固たるものにし、ヨーロッパでの躍進を確実なものにした。そのパフォーマンスが認められ、ファン投票で連続して月間最優秀選手賞を受賞した。

この頃、エディがグリーンウッドと組んだことで、彼がティーンエイジャーの試合出場時間を減らしているという初期の噂は否定され、2人は実りある師弟関係を築いていった。

「ピッチの上では、自分はチームの一員。僕はそのチームのために一生懸命働き、チームを構成している若者のため、ベストを尽くすために存在しているんだ」と、カバーニはイタリアでローマのディフェンダーに詰め寄られたグリーンウッドを守る行動を取ったことについて語った。

カバーニは、ユナイテッドの勝利に欠かせない2つのアウェーゴールを決めていたが、その時の相手選手との攻防が強く脳裏に焼き付いている。マーク・ヒューズ、アンディ・コール、ルード・ファン・ニステルローイなどがそうであったように、我々はフォワードに少しのエッジを持たせたいと考えてしまっている。

5月初旬の私たちの最大の関心事は、ピッチ上の動きではなく、カバーニの契約状況と、私たちが一緒になって彼のプレーを楽しむことができるのかということだった。

南米に戻りたいという噂もあったが、5月10日(月)、「エル・マタドール」が1年間の契約延長にサインしたという嬉しいニュースが飛び込んできた。

翌週、限られた観客がようやくオールド・トラッフォードに戻ってきた時、ストレトフォード・エンドで記憶に残るゴールを決めて見せた。45ヤードの距離からチップを放ち、元PSGのチームメイトでフルハムのGKであるアルフォンス・アレオラが体を伸ばしたが届かず、ボールはネットに吸い込まれていった。

ロナウドの登場により、カバーニはユナイテッドのNo.7ではなくなり、クラブで最も称賛されるフォワードでもなくなった。しかし、そのシャツを犠牲にしたエディのジェスチャーは、彼の名声をさらに高めた。

オールド・トラッフォードで何週間も鳴り響いていた彼の新曲の歌詞に難なく手を加え、シーズンの最初の1ヵ月間の大半を欠場したものの、ファンはビジャレアル戦でその歌声を聞かせてくれた。

話をビジャレアル戦に戻す。ロナウドの決勝ゴールで盛り上がったのは言うまでもない。しかし、それはカバーニの諦めない姿勢によって繋いだボールがきっかけの一つだった。

ファンの歓声レベルは十分なのか? M16の試合でカバーニが今季初ゴールを決めるまで、もう少し待っていてほしい。

この記事に記載されている意見は筆者個人のものであり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブの見解を示すものではありません。

おすすめ: