ユナイテッド

スパーズ 1-1 ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの一戦でビハインドを背負った状態から同点に追いつき、プレミアリーグ再開後の初戦で勝ち点1を獲得した。しかし、結果以上にスパーズを圧倒した後半の展開が印象に残る試合だった。

ユナイテッドにとってスパーズの新スタジアムで初の一戦は、当然ながら無観客で行われた。仮にサポーターがスタンドにいたら、きっと頻繁に席を立って声援を送っていたに違いない。

この試合のハイライトは、81分に見られた場面だ。後半に交代出場したポール・ポグバがトリッキーなプレーでエリック・ダイアーに倒されてPKを獲得すると、ブルーノ・フェルナンデスが確実に決めて同点に追いついた。

スパーズは、フェルナンデスと同じく今年1月にイングランドにやってきたスティーヴン・ベルフワインがパワフルなシュートを27分に決めて先制。しかし、追加点を決められない展開が続き、ユナイテッドが同点に追いつくのは時間の問題だったように思えた。

PSVアイントホーフェンからスパーズに加入したベルフワインは、プレミアリーグ6試合目で3ゴールを記録。ルーク・ショーとマーカス・ラッシュフォードの間に落ちたボールを拾ったベルフワインは、ハリー・マグワイアとフレッジをかわして強烈なシュート。ダビド・デ・ヘアも触れることには成功したが、枠の外に軌道を変えられなかった。

とはいえ、試合開始から攻め続けていたのはユナイテッドの方で、失点シーンはスパーズにとって試合を通じて最初の決定機だった。ユナイテッドは、ラッシュフォードがハーフボレー、フェルナンデスが低い弾道のシュート、そしてフレッジにもシュートがあったが、ウーゴ・ロリスの牙城を崩せなかった。

失点後すぐにユナイテッドにもチャンスが訪れ、フレッジのフリーキックにラッシュフォードが頭で合わせようと試みるも、ダビンソン・サンチェスに触れてコーナーキックに。だが、この時に得たセットプレーを生かすことはできなかった。

スパーズにも追加点を決めるチャンスはあった。右サイドでスペースを見出したベルフワインのクロスにソン・フンミンが反応し、ヘディングシュートをトップコーナーにめがけて放ったものの、デ・ヘアがはじき返してピンチを凌ぐ。前半のうちに追いついておきたいユナイテッドは、フェルナンデスが追加タイムにゴールまで距離のある位置からシュートも決まらず、1点を追う形で前半を折り返した。

後半もポゼッションではユナイテッドが上回り、相手陣内でボールを回し続けた。ジョゼ・モウリーニョ監督は、守備を固めて逃げ切る作戦に出たようにも思え、実際にユナイテッドはスパーズの守備に苦しめられ、60分までわずかに一度しかチャンスを作らせてもらえなかった。そのチャンスは非常に惜しいもので、フェルナンデスが思い切って放ったミドルはわずかに左に外れてしまう。

そして、ユナイテッドファンが待ちわびたポグバとフェルナンデスの共演がついに実現。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、5枚ある交代カードを使い、ダニエル・ジェームズとフレッジに代えて、メイソン・グリーンウッドとポグバを送った。

ユナイテッド
ポグバがダイアーに倒されて得たPKを決めたフェルナンデス

フランス出身のアントニー・マルシャルは、同胞であるロリスが守る枠をこじ開けようと奮闘。ダイアーにブロックされたシュートもあったが、ロリスのファインセーブに阻まれた一撃は、普段ならゴールネットを揺らしている類のシーンだった。

結果的にユナイテッドが同点に追いつく機会を与えてしまったダイアーは、後半にもフェルナンデスとペナルティーエリア内で接触し、2度目のPKを献上してしまうところだった。だが、主審のジョン・モスが下したPKという判定はVARによって改められた。この勢いに乗って逆転を狙ったユナイテッドだったが、後半追加タイム終了間際にグリーンウッドが放った低いシュートは決まらず、ドローとなった。

ユナイテッド
後半追加タイムにシュートを放ったグリーンウッド

試合情報

トッテナム:ロリス、オーリエ、サンチェス、ダイアー、デイヴィス、ウィンクス、シソコ、ラメラ(70分にフェルナンデスと交代)、ソン、ベルフワイン(70分にロ・セルソと交代)、ケイン

出場機会のなかったサブ:ガッサニーガ、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、セセニョン、エンドンベレ、スキップ、ホワイト

得点:ベルフワイン(27分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、リンデロフ(78分にマティッチと交代)、マグワイア、ショー、マクトミネイ(89分にバイリーと交代)、フレッジ(63分にポグバと交代)、フェルナンデス、ジェームズ(62分にグリーンウッドと交代)、マルシャル(78分にイガロと交代)、ラッシュフォード

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ウィリアムズ、マタ、リンガード

得点:フェルナンデス(81分 PK)

イエローカード:ジェームズ

おすすめ: