ユナイテッド

マティッチ「ローマ戦はのぞむところ」

金曜日 16 4月 2021 11:23

ネマニャ・マティッチは、マンチェスター・ユナイテッドが2018年以来となるメジャー大会での決勝進出に向けた準備を整えていると語った。

UEFAヨーロッパリーグ準々決勝でグラナダを下したユナイテッドは、準決勝でローマと対戦する。

2-0で勝利したグラナダとの第2戦に出場したマティッチは、オーレ・グンナー・スールシャール監督体制となって5回目の準決勝を勝ち上がる準備を整えていると言う。

「決勝に勝ち進んで、トロフィーを勝ち取る時だ」と、マティッチはコメント。「でも、簡単ではない。ローマのことはリスペクトしている。優れた監督が指揮しているチームで、ビッグクラブ」

「面白い試合になるだろうね。でも、僕たちはチームの力を信じないといけない。決勝という大舞台で戦って、トロフィーをオールド・トラッフォードに持ち帰りたい。このクラブにはベストが似合う」

ユナイテッド 2-0 グラナダ article

グラナダに2-0で勝利し、ユナイテッドがEL準決勝進出

ローマには、元ユナイテッドのヘンリク・ムヒタリアン、クリス・スモーリング、マンチェスター・シティーのスターだったエディン・ジェコらが所属している。

「ビッグゲーム、ビッグなセミファイナルになる。ビッグクラブ、トッププレーヤーと対戦できるのが楽しみ」

「準決勝で、相手のタレントとウチの力を比較できるのも楽しみ。ファンにとっても楽しい試合になるだろうね。準備はできている。どうなるかは、見てのお楽しみさ」

ベンフィカに所属した2013年にヨーロッパリーグ決勝を経験しているマティッチは、レアル・ソシエダ、ACミラン、グラナダを破って勝ち上がったノックアウトラウンドでの結果が、チームの自信になると話す。

「試合開始から終了まで、集中力を持続させないといけない。上手く対応できたよ。相手にも優れた選手がいて、チャンスを作られた。でも、準決勝進出はチームにとって当然の結果」

「試合を常にコントロールできていたと思う。チームのパフォーマンス、反応も良かった。次のラウンドでも、試合終了まで集中を切らさずにやりたい」

ブルーノ「今年こそ決勝戦でトロフィーを獲る」 article

グラナダ戦に勝利したユナイテッドは、トロフィー獲得に一歩近づいた

またマティッチは、グラナダ戦でゴールを決めるなど、クラブに広がりをもたらしたエディンソン・カバーニを称えている。

「彼はトップストライカーで、非常にプロフェッショナルな選手」

「若い選手は、彼から日々学べる。彼がチームにいてくれて、本当に嬉しい。ビッグネームで、日々の立ち振る舞いから優れた選手であること、そしてあれだけたくさんゴールを決められている理由を周囲に証明している。彼はチームにとって非常に大事な選手。今シーズン終了まで、とても重要な選手だよ」

今日の出来事

週末のバーンリー戦に向けが監督コメントが、日本時間21:30頃からManUtd.com、クラブ公式アプリで公開される。

昨日の出来事

グラナダを2-0で破り、UEFAヨーロッパリーグ準決勝進出を決めた。

おすすめ: