ショー

3月の月間MVP候補発表

今月も厳しい選考となったが、2019年3月のマンチェスター・ユナイテッドの月間MVP候補は、次の3人に絞られた。

3月も、歴史に残るチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦での勝利や、ホームでのサウサンプトン戦やワトフォード戦等、数々の名勝負があった。そしてその中で活躍が目立ったロメル・ルカク、マーカス・ラッシュフォード、ルーク・ショーの3人が、月間MVP候補に選出された。

ディフェンスラインで非常に高い安定性を発揮したクリス・スモーリングは残念ながら僅差で落選、センターバックのビクトル・リンデロフも最後まで選考対象に残った。

ルカク、ラッシュフォード、ショーのそれぞれの3月の活躍ぶりを下のコラムで確認してから、投票しよう。


ルカク
GKジャンルイジ・ブッフォンをかわしてパリ・サンジェルマン戦でゴールを決めたロメル・ルカク

ロメル・ルカク(3試合出場、4得点)
3月、ベルギー代表FWは手のつけられないほど絶好調なスタートを切った。3-2で勝利をおさめたサウサンプトン戦で決勝点となったのは、ルカクがレッズに入団してはじめてペナルティエリアの外から決めたゴールだった。そして、第1戦での2点ビハインドをひっくり反したPSG戦での2得点。アーセナル戦でも2度惜しいチャンスがあったが、1度はバーに弾かれ、次はGKベルント・レノの好セーブに阻まれた。それがなければ3試合で6得点を記録していたところだった。その後は足の負傷により欠場している。


マーカス・ラッシュフォード(5試合出場、3得点(うちPK1点))
成長目覚しいラッシュフォードは、ルカクと並んでPSG戦の殊勲選手。ルカクの2点目を引き出した豪快なシュートに加え、後半戦の緊迫した瞬間、起死回生のペナルティ-・シュートを熟練GKジャンルイジ・ブッフォン相手に決めてみせた。試合には敗れたが、FAカップ準決勝戦でも得点、先週のワトフォード戦でも先制点をマークした。このゴールで、プレミアリーグでの得点を、キャリアで初めて2桁台に乗せたマーカス。2月のリヴァプール戦で痛めた足首をいたわりながらの奮闘だった。

マーカス
ワトフォード戦でゴールを決めてスライディングで喜びを爆発させたラッシュフォード

ルーク・ショー(5試合出場、0得点)
直近のワトフォード戦でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたショー。ワトフォード戦ではラッシュフォードのゴールを見事なクロスでアシストした。パリでのPSG戦など、ブレずに安定したショーのパフォーマンスは、チームに欠かせないものとなっている。またFAカップ準々決勝のウルヴス戦でも、ショートはラッシュフォードのゴールの起点となった。古巣のサウサンプトン戦やアーセナル戦でもチームトップクラスの活躍ぶり。今シーズン3度目の受賞を睨む。

ショー
FAカップ準々決勝のウルヴス戦で攻め上がるルーク・ショー

候補者が決まったら、こちらから投票しよう。

投票はイギリス時間の火曜日正午まで受け付けている。結果は同日の17時に、ManUtd.comと公式アプリ上で発表される。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。


おすすめ: