メイソン

9月の月間MVP候補発表

マンチェスター・ユナイテッドの9月の月間MVP候補が決定した。

ノミネートされたのは、1-1で引き分けた月曜のアーセナル戦で、シニア戦初ゴールをマークしたスコット・マクトミネイ、欧州カップ戦でゴールを決めたクラブ最年少プレーヤーとなったメイソン・グリーンウッド、そして8月のMVPダニエル・ジェームズの3人。

9月の対戦では、ユナイテッドはレスター・シティー戦とFCアスタナ戦でクリーンシートを記録した。ゆえに守備面で貢献度が高かったハリー・マグワイアとダビド・デ・ヘア、そしてカラバオ・カップのロッチデール戦で初めてキャプテンを務めたアクセル・トゥアンゼベが僅差でノミネートから漏れたのは残念でもある。

ジェームズが連続受賞となるのか、アカデミー卒業生のどちらかが選ばれるのか?3人の今月の活躍ぶりをまとめたサマリーを読んで、誰に投票するか、参考にしてもらいたい。


動画
メイソン
9月に2ゴールをマークしたグリーンウッド

メイソン・グリーンウッド(3試合出場、2得点)

2019年9月19日は、メイソン・グリーンウッドにとって生涯忘れられない日となることだろう。突破口を見つけあぐねていたアスタナ戦で、レッズのスコアをこじあけたのは、ティーンエイジャーの彼だった。欧州カップ戦でゴールを決めたクラブ最年少プレーヤーは。フェイントを入れて相手のマークをかわしてから、豪快に右足でシュートを蹴り込んだ。その6日後のロッチデール戦でも、同じようなシーンを再現。ただしこのときは、シュートを決めたのは左足だった。プレミアリーグでは、まだアーセナル戦で途中出場するにとどまっているが、今日18歳のバースデーを迎えたグリーンウッドは、堂々のノミネートだ。

ダニエル・ジェームズ(4試合出場)

今月は8月のような得点シーンの再現はなかったが、積極的な突破やディフェンダーをつりだす動きなど、攻撃面での貢献度は絶大だった。とくにアーセナル戦では、得点の起点となるクロスをあげている。プレミアリーグでプレーするのは今季が初めてであるということを忘れてしまうくらい、レッズでの生活に馴染んでるジェームズ。オールド・トラッフォードを魅了した数々の名ウィンガーの系譜に加わるべく、着実に成長を続けている。

エヴラから賞を受け取るジェームズ動画

スコット・マクトミネイ(3試合出場、1ゴール)

アスタナ戦とロッチデール戦には出場しなかったが、その他のプレミアリーグ全3試合にフル出場。とくにホームでのレスター戦とアーセナル戦では強烈な印象を残し、両試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。若い現在のチームで、スコットはますますリーダーシップを発揮している。とくにアーセナル戦では、中盤から積極的に仕掛けてユナイテッドに貴重な1点をもたらした。

動画
スコット
アーセナル戦で華麗な一撃を決めたマクトミネイ

おすすめ: