click to go to homepage
コール

バイオグラフィー

1995年1月にアレックス・ファーガソン監督がアンディー・コールを獲得した時、多くのユナイテッドファンは、ノッティンガム・フォレストのスタン・コリモアがやって来ることの方を望んでいたかもしれない。だがすぐに、それが間違っていたことが明らかとなる。

コールは移籍してすぐに、全盛期のデニス・ローを彷彿とさせるプレーを披露し、2試合に1点の割合でゴールを積み重ねていったのだ。 ニューカッスル時代には、1993-94シーズンに41ゴールをマークするなど、全74試合で68ゴールを奪って実績を残していたコールだったが、ユナイテッドが支払った625万ポンドという当時の最高移籍金が決して高くなかったことを証明して見せた。 ユナイテッドへの移籍1年目となった1995-96シーズンには、9-0で圧勝したオールド・トラッフォードでのイプスウィッチ戦で5ゴールを挙げたが、これは現在でもプレミアリーグにおける、個人およびチームの最多得点記録となっている。 ユナイテッドが、コールの古巣であるニューカッスルを土壇場で退け、リーグ優勝を達成したそのシーズン、彼自身も、途中からの加入ながら、リーグ戦で合計11ゴールを奪取。翌1996-97シーズンも、肺炎と2度の骨折に苦しめられながら、チームのリーグ連覇に貢献した。 1998-99シーズンにはアストン・ヴィラからドワイト・ヨークが加入し、コールのポジションが脅かされるかに思われたが、事態は全く異なる方向へと進んでいった。 前線で息の合ったコンビネーションを見せた両選手は、リーグ戦で2人合わせて35ゴールを決め、チームをプレミアリーグ制覇に導いたのである。ユナイテッドはそのシーズン、FAカップとチャンピオンズリーグでも優勝し、トレブル(3冠)の偉業を達成。 コールの圧倒的なスピードとゴールに対する嗅覚、ヨークの卓越した技術が最も威力を発揮したのは、1999年2月のノッティンガム・フォレスト戦だろう。それぞれが 2点ずつを奪ったあと、交代出場したオーレ・グンナー・スールシャールが4得点を挙げ、ユナイテッドは8-1の大勝を収めたのだった。 コールは、イングランド代表では活躍できなかったものの、ユナイテッドが誇る偉大なストライカーの1人であることは疑いようがない。2001年に退団したあとも、ブラックバーン、フルアム、マンチェスター・シティー、ポーツマス、サンダーランドといったプレミアリーグのチームでプレーを続けた。 そして、2008年11月にノッティンガム・フォレストで現役を引退。19年に及んだキャリアに幕を閉じた。

省略を読む About アンディー コール
  • ポジション

    フォワード

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v ブラックバーン(H)リーグカップ

  • 退団

最新

Joueurs clés
ウェイン・ルーニー 言う

チームにはポグバ、マルシャル、ラッシュフォード、ルカクという選手がいる。試合の展開が良くなければ、彼らがチームを勝利に導くゴールを決める必要がある。それがチームを落ち着かせるんだ。

ルーニー

ルーニー「クリスマス時期で決まる」 Article

今回のインターナショナルブレーク明けから数週間の戦績が今季の行方を決める可能性が高い。

ポグバ
ポール・ポグバ、Inside United 誌のインタビューにて 言う

「ユナイテッドでプレーすることはずっと夢だった。たくさん試合に出て、ゴールを決めたかった」

ルーニー

ルーニー「ユナイテッドが恋しい」 Article

現在アメリカのメジャーリーグサッカーでプレーするウェイン・ルーニーが独占インタビューに応じた。

リンデロフ

リンデロフが母国で栄誉 Article

ビクトル・リンデロフがスウェーデンの年間最優秀選手賞に選出

マルシャル

マルシャルが仏代表から離脱 Article

マルシャルが大腿部の負傷によりフランス代表を離脱

マタ

「今回のブレークはチーム分析のためのもの」 Article

マタがブログを更新。ユヴェントス、ダービーについて綴った。

エレーラ

前を向くエレーラの誓い Article

エレーラがシティー戦後、次節からの戦いについてコメントした。

監督

トップ4の可能性について言及 Article

モウリーニョ監督は、今季の目標がトップ4入りとシティー戦後に語った。

ポグバ

ポグバがダービーを欠場した理由 Article

ポグバはユヴェントス戦の最中に負傷したが、チームのために最後までプレー。その影響により、ダービーを欠場した。

監督

ダービーを総括 Article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。

マルシャル

「マルシャルを諦めたことはない」 Article

監督が絶好調のマルシャルについて語った。

監督

監督「チームは成長している」 Article

監督がダービー前の会見でチームの成長について語った。

もっと見る