click to go to homepage
ベスト

バイオグラフィー

ジョージ・ベストが英国が生み出した最も天賦の才を備えた選手だったということに、異論を挟む人はほとんどいないだろう。

スピード、バランス、洞察力、見事なボールコントロール、チャンスを作り出す能力、そして不可能な状況でも得点を挙げる能力、それらは彼を語る上では半面にしかすぎない。もう半面は、絶えずトリックと喜びを試合で追求する、抑えられない熱意である。ペレは、ユナイテッドの7番を背負ったこの男を「世界最高の選手」と称した。 ベルファーストのクレガグ団地で育ち、やせっぽちのティーンエージャーだったベストは、ユナイテッドのスカウト、ボブ・ビショップによって見 出された。彼がマット・バスビーに言った言葉は有名だ。「ボス、私は天才を見つけたようだ」。 ユース入団直後に掛かったホームシックを乗り越え、ベストは1963年5月、彼の17歳の誕生日にプロ契約を結び、9月にデビューを果たした後、2試合目で初得点を挙げた。その後すぐに北アイルランド代表でも初キャップを記録した。 1964-65シーズンにユナイテッドがミュンヘンの悲劇以来初めて優勝した時、デニス・ロー、ボビー・チャールトン、デイヴィッド・ハードなどとともにベストはチームの中心選手として活躍した。 続くシーズン、チャンピオンズカップの準々決勝で、相手のホームにもかかわらず、ベストはベンフィカをほとんど1人の力で粉砕した。5-1というスコアのうち2点を挙げ、彼はリスボンの強豪にホームでの初黒星を味わわせ、その活躍ぶりから「5人目のビートルズ」という異名で呼ばれるようになった。 1967年に2度目のタイトルを手にしたベストは、1年後の1968年、チャンピオンズカップ決勝でまたもベンフィカに災難をもたらした(決勝の結果は延長戦の末にユナイテッドが4-1で勝利)。そのシーズンのベストのゴール数は28、ユナイテッドで最も多くの得点を上げ、その後4シーズンに渡ってレギュラーポジションを確保 。その年のイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)とヨーロッパの最優秀選手賞にも選出された。 しかし、バスビー政権が終わりを告げてから、ベストの成熟していた精神面は崩壊、2005年11月に死ぬまで、彼は内面の混沌と戦い続けることとなる。 彼がカムバックする前の1972年にマルベラで一度「引退」したのは有名だが、結局1974年1月には本当にチームを去り、ダンスタブル・タウン、フルアム、ロサンゼルス・アズテック、ブリスベン・ライオンズ、南アフリカのジューイッシュ・ギルドなど、世界各地のどちらかといえば彼にふさわしくないクラブを転々とした。 。その年のイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)とヨーロッパの最優秀選手賞にも選出された。 しかし、バスビー政権が終わりを告げてから、ベストの成熟していた精神面は崩壊、2005年11月に死ぬまで、彼は内面の混沌と戦い続けることとなる。 彼がカムバックする前の1972年にマルベラで一度「引退」したのは有名だが、結局1974年1月には本当にチームを去り、ダンスタブル・タウン、フルアム、ロサンゼルス・アズテック、ブリスベン・ライオンズ、南アフリカのジューイッシュ・ギルドなど、世界各地のどちらかといえば彼にふさわしくないクラブを転々とした。 ユナイテッドでのリーグ出場は361回で、136ゴールを決めた。彼は戦後のユナイテッドの、1試合最多ゴールの記録を持っている - 1970年FAカップ5回戦、8-2で大勝したノースハンプトン・タウン戦での6ゴールである。 2005年11月25日の逝去から2日後に行われたアウェーでのウェストハム戦では満場の拍手が贈られた。彼が誇りに思ったであろう試合にふさわしく、決勝ゴールでネットを揺らしたのはアイルランド人のジョン・オシェイだった。

省略を読む About ジョージ ベスト
  • ポジション

    フォワード

  • Northern Irish

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v ウェストブロムウィッチ(H)リーグ

  • 退団