click to go to homepage
Joe-Cassidy

バイオグラフィー

1992-93シーズンにエリック・カントナがシーズン途中でユナイテッドに加入したように、ジョー・カシディも1892-93シーズンの途中でユナイテッドに入団した。

しかし、カントナがサー・アレックス・ファーガソン監督率いるチームに貢献して最終的にタイトルを獲得した一方で、カシディは正反対のキャリアを歩んでいる。 カシディは1892-93シーズンに残留を懸けてスモール・ヒースと戦っていたユナイテッドの前身であるニュートン・ヒースに加入する。加入から2ヶ月、早々の活躍で降格の危機を救うと、ニュートン・ヒースから再びお呼びがかかるまで 、2年間を故郷・スコットランドのセルティックで過ごした。 2度目のマンチェスターでの暮らしは、2ヶ月よりもずっと長いものになる。ニュートン・ヒースで過ごした1895年からの5年間とその後マンチェスター・シティーでの1年間で、カシディはパワフルで非常に得点能力の高いストライカーとして地位を確立した。 イングランドに戻ってきてからの最初の試合は注目すべきものになった。前半に3ゴール、後半に11ゴールを奪い、ウォルソール・タウン・スウィフツを14-0で下したのだ。カシディは4ゴールを奪ったが、残念なことに勝利は記録に残ら なかった。ウォルソールは『ピッチが異常に重い』として抗議し、再試合が行われることになったのだ。再試合でのウォルソールは、少しはプライドを見せて、ユナイテッドに“たった”9ゴールしか許さなかった。その中には、カシディがニュートン・ヒースで記録した99ゴールのうちの最初の2ゴールも含まれている。 カシディの大量得点は、1914年にサンディ・ターンバルが3ケタ得点を記録するまで、長い間ユナイテッドの最多ゴール数として輝いていた。そしてこの爆発的な得点力は、カシディの価値を増すものでもあった。街の反対側にあるマンチェスター・シティーからオファーが来た時に、資金源に困ったニュートン・ ヒースの望んだ通りの移籍金を手に入れることができた。結局、1900年の4月に250ポンド(約3万5000円)でマンチェスター・シティーに移籍してしまったが、シティーでは成功することができず、カシディの選手としての価値は落ちてしまった。1年後にミドルスブラに移籍した時、彼の移籍金は75ポンド(約1万700円)だった。 その後移籍したミドルスブラでは、135試合で34ゴールを奪った。しかし彼の最高のシーズンは、ニュートン・ヒースのヒーローとして過ごしたあの頃だ。

省略を読む About ジョー カシディ
  • ポジション

    フォワード

  • Scottish

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v ストーク(H)リーグ

  • 退団

最新

また

マタ「忘れられない夜になる」 Article

マタがアカデミー生について、そして古巣バレンシアについて話した

モウリーニョ

「先発はスター選手たち」 Article

バレンシア戦に挑むチームについてモウリーニョが話した

若手

U19の2人にデビューの可能性? Article

U19の若手2人がシニアチームのトレーニングに参加

ダロト

ヤングがダロト活躍の理由を語る Article

アシュリー・ヤングが、ここ2試合で好パフォーマンスを披露したダロトを称えた。

マタ

特別な2日間に興奮するマタ Article

マタがブログを更新。フルアム戦、そして古巣バレンシア戦について綴った。

ルカク

復調の要因は食生活の変化 Article

食生活を変え、練習方法を変え、ルカクが得点力を取り戻した。

ポグバ

ポグバはバレンシア戦で先発出場 Article

モウリーニョ監督が、バレンシア戦でポグバを先発として使うことを明言した。

ダロト

ダロトを称賛 Article

フルアム戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたダロトの才能を称賛。

ダロト

勝利に貢献したダロト Article

マン・オブ・ザ・マッチに選出されたダロトのパフォーマンスを振り返る。

監督

フルアム戦を総括 Article

モウリーニョ監督が4-1で勝利したフルアム戦を振り返った。

フレッジ

フレッジを起用していない理由を説明 Article

フレッジはプレミアリーグ直近4試合続けて出場していない。

監督

フルアム戦直前チーム情報 Article

負傷者に関する情報を、モウリーニョ監督が明かした。

スモーリング

スモーリング「もう1点取れていた」 Article

クリス・スモーリングが2-2で引き分けたアーセナル戦を振り返った

監督

「素晴らしい姿勢だった」 Article

モウリーニョ監督が2-2のドローに終わったホームでのアーセナル戦を振り返った。

ジョゼ

「トップ4入りに奇跡は必要ない」 Article

トップ4の実現に奇跡は必要ないとモウリーニョは話した

もっと見る