ルート

バイオグラフィー

ルート・ファン・ニステルローイは、その卓越した得点能力によってゴールを量産し、ユナイテッドの伝説選手の仲間入りを果たした。

オールド・トラッフォードでプレーした最初の3シーズンで100ゴール以上を奪取。4シーズン目には、デニス・ローが持つ欧州カップ戦におけるクラブの最多得点記録を更新し、5シーズン目には通算150ゴールを記録した。 ファン・ニステルローイは、22歳の誕生日を迎えた1998年7月1日、オランダのクラブ間同士の移籍における当時の最高金額となる420万ポンドでヘーレンフェーンからPSVに加入。同年8月には、古巣を相手 にPSVでのリーグ戦初ゴールをマークし、さらに同年11月、ドイツと1-1で引き分けた試合で、オランダ代表デビューを飾った。 PSVでは最初の2シーズンで合計60ゴールを量産。しかし、ユナイテッドやレアル・マドリーが興味を示し始めた矢先、膝の十字じん帯を損傷して手術を受けるという不幸に見舞われた。それでもこのオランダ人ストライカーの獲得を熱望していたのがユナイテッドだった。2000年4月には身体検査をパスすることに失敗したものの、その1年後の2001年4月23日には、1900万ポンドでの移籍が無事に実現した。 ユナイテッドでのデビューシーズンには、いきなり36ゴールを決めて、非凡な才能の持ち主であることを改めて証明。翌2002-03シーズンには44点を奪ってチームのプレミアリーグ優勝に貢献した。 3シーズン目にも30ゴールを挙げたが、2004-05シーズンはけがに悩まされ、リーグ戦のゴールは6得点に終わった。それでもチャンピオンズリーグの舞台では8点を奪って得点王に輝いている。 2005-06シーズンは、開幕から12試合で10ゴールをマークして好スタートを切り、12月までに17ゴールを決める活躍を見せたものの、その後、サー・アレックス・ファーガソン監督 との確執が深まり、優勝を果たした2006年2月のリーグカップ決勝では出場機会を与えられず、リーグ最終戦のチャールトン戦でも、ベンチから外されてしまった。 ファン・ニステルローイは結局、2006年夏、レアル・マドリーへ移籍した。

省略を読む About ルート ファン ニステルローイ
  • ポジション

    フォワード

  • オランダ

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v リヴァプール(N)チャリティーシールド

  • 退団

最新

ユナイテッド

ブリュージュ戦ハイライト video

ベルギーでの第1戦ハイライトをチェック。

ユナイテッド

ブリュージュ戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ヨーロッパリーグ・ラウンド32 第1戦を振り返った。

ユナイテッド

マタ「勝ち上がれる」 Article

フアン・マタとビクトル・リンデロフがアウェイでのクラブ・ブリュージュ戦を振り返った。

ユナイテッド

ブリュージュとの第1戦でリンデロフが復帰か Article

ラブ・ブリュージュとのヨーロッパリーグ・ラウンド32 第1戦に向け、監督がチーム情報を明かした。

ユナイテッド

ベルギー遠征前に練習 Article

Aonトレーニングコンプレックスでの公開練習では、スコット・マクトミネイもチームと同じメニューをこなした。

マティッチ

マティッチ「セットプレー特訓の成果」 Article

ネマニャ・マティッチが、周到なセットプレー練習がチェルシー戦で功を奏したと語った

ユナイテッド

ブルーノ「まだ改善できる」 Article

チェルシー戦でアシストを記録したブルーノ・フェルナンデスが、クラブのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

ユナイテッド

オーレがチェルシー戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、チェルシー戦を振り返った。

ユナイテッド

グレッグを偲ぶサー・ボビーとサー・アレックス Article

ハリー・グレッグの死を悼むサー・ボビー・チャールトンとサー・アレックス・ファーガソン。

ユナイテッド

追悼:ハリー・グレッグ Article

称賛されるべきハリー・グレッグの功績。

ユナイテッド

ミュンヘンの英雄、ハリー・グレッグが逝去 Article

クラブ史に残るゴールキーパー、ハリー・グレッグが逝去した。

ユナイテッド

周囲を驚かせたいグリーンウッド Article

メイソン・グリーンウッドが、ファーストチームでの今シーズンなどについて語った。

ユナイテッド

チェルシー戦前チーム情報 Article

チェルシーとのマンデーナイトに向け、最新チーム情報をチェック。

ビクトル

ハリー&ビクトル「お互いから学んでいる」 Article

マグワイアとリンデロフがパートナーシップの重要性を語る

エリック

UTDポドキャスト:カントナ video

カントナの襟立てポーズの理由を語る

もっと見る