ルート

バイオグラフィー

ルート・ファン・ニステルローイは、その卓越した得点能力によってゴールを量産し、ユナイテッドの伝説選手の仲間入りを果たした。

オールド・トラッフォードでプレーした最初の3シーズンで100ゴール以上を奪取。4シーズン目には、デニス・ローが持つ欧州カップ戦におけるクラブの最多得点記録を更新し、5シーズン目には通算150ゴールを記録した。 ファン・ニステルローイは、22歳の誕生日を迎えた1998年7月1日、オランダのクラブ間同士の移籍における当時の最高金額となる420万ポンドでヘーレンフェーンからPSVに加入。同年8月には、古巣を相手 にPSVでのリーグ戦初ゴールをマークし、さらに同年11月、ドイツと1-1で引き分けた試合で、オランダ代表デビューを飾った。 PSVでは最初の2シーズンで合計60ゴールを量産。しかし、ユナイテッドやレアル・マドリーが興味を示し始めた矢先、膝の十字じん帯を損傷して手術を受けるという不幸に見舞われた。それでもこのオランダ人ストライカーの獲得を熱望していたのがユナイテッドだった。2000年4月には身体検査をパスすることに失敗したものの、その1年後の2001年4月23日には、1900万ポンドでの移籍が無事に実現した。 ユナイテッドでのデビューシーズンには、いきなり36ゴールを決めて、非凡な才能の持ち主であることを改めて証明。翌2002-03シーズンには44点を奪ってチームのプレミアリーグ優勝に貢献した。 3シーズン目にも30ゴールを挙げたが、2004-05シーズンはけがに悩まされ、リーグ戦のゴールは6得点に終わった。それでもチャンピオンズリーグの舞台では8点を奪って得点王に輝いている。 2005-06シーズンは、開幕から12試合で10ゴールをマークして好スタートを切り、12月までに17ゴールを決める活躍を見せたものの、その後、サー・アレックス・ファーガソン監督 との確執が深まり、優勝を果たした2006年2月のリーグカップ決勝では出場機会を与えられず、リーグ最終戦のチャールトン戦でも、ベンチから外されてしまった。 ファン・ニステルローイは結局、2006年夏、レアル・マドリーへ移籍した。

省略を読む About ルート ファン ニステルローイ
  • ポジション

    フォワード

  • オランダ

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v リヴァプール(N)チャリティーシールド

  • 退団

最新

エヴア

エヴラ「ユナイテッドは家族」 Article

パトリス・エヴラが近況や現役時代のエピソードを語った

リンデロフ

リンデロフが契約更新 Article

リンデロフが契約延長にサイン

オーレ

アスタナ戦出場確定の3選手 Article

オーレがアスタナ戦先発予定の3人を明かした

オーレ

アスタナ戦前けが人状況 Article

水曜の練習を休んだダニエル・ジェームズなど、けが人についての最新情報をオーレが明かした

ユナイテッド

デ・ヘアが新契約にサイン Article

ユナイテッドの正GKが新契約にサイン。彼には、オールド・トラッフォードでやることが残っている。

ユナイテッド

監督がレスター戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が大きな勝ち点3を獲得した一戦を振り返った。

ユナイテッド

レスター戦5つのポイント Article

1-0で勝利したレスター戦のポイントを振り返る。

ユナイテッド

ユナイテッド 1-0 レスター Article

マーカス・ラッシュフォードのPKが決勝点となって勝ち点3を獲得。

ユナイテッド

オーレ「マグワイアは天性のリーダー」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がハリー・マグワイアのリーダーシップを称賛。

ユナイテッド
トリビア
言う

直近でレスターがユナイテッド戦でポジティブな結果を残したのは、2017年12月の一戦。ハリー・マグワイアが終了間際に同点ゴールを決め、2-2のドローに。

ユナイテッド

レスター戦前最新チーム情報 Article

ユナイテッドの治療質は大忙し。今節は主力数選手が欠場予定。

ユナイテッド

レスター戦前チーム情報 Article

土曜日のプレミアリーグ戦関連のチーム情報をおさらい。

ユナイテッド

エヴラがトロフィーを授与 Article

元ユナイテッドのパトリス・エヴラがダニエル・ジェームズを称賛。

ナダル
フアン・マタのブログより 言う

「もっとも難しいのは頂点に到達することではなく、到達したあと、その場所に君臨し続けることだ。その意味で、彼(ラファ・ナダル)はパーフェクトな見本だ」

マタ

マタ「インターナショナル・ブレイク中にしたこと」 Article

マタがブログ最新号で、スペインで受賞した賞のことや同胞のラファエル・ナダルについて綴った

もっと見る