ルート

バイオグラフィー

ルート・ファン・ニステルローイは、その卓越した得点能力によってゴールを量産し、ユナイテッドの伝説選手の仲間入りを果たした。

オールド・トラッフォードでプレーした最初の3シーズンで100ゴール以上を奪取。4シーズン目には、デニス・ローが持つ欧州カップ戦におけるクラブの最多得点記録を更新し、5シーズン目には通算150ゴールを記録した。 ファン・ニステルローイは、22歳の誕生日を迎えた1998年7月1日、オランダのクラブ間同士の移籍における当時の最高金額となる420万ポンドでヘーレンフェーンからPSVに加入。同年8月には、古巣を相手 にPSVでのリーグ戦初ゴールをマークし、さらに同年11月、ドイツと1-1で引き分けた試合で、オランダ代表デビューを飾った。 PSVでは最初の2シーズンで合計60ゴールを量産。しかし、ユナイテッドやレアル・マドリーが興味を示し始めた矢先、膝の十字じん帯を損傷して手術を受けるという不幸に見舞われた。それでもこのオランダ人ストライカーの獲得を熱望していたのがユナイテッドだった。2000年4月には身体検査をパスすることに失敗したものの、その1年後の2001年4月23日には、1900万ポンドでの移籍が無事に実現した。 ユナイテッドでのデビューシーズンには、いきなり36ゴールを決めて、非凡な才能の持ち主であることを改めて証明。翌2002-03シーズンには44点を奪ってチームのプレミアリーグ優勝に貢献した。 3シーズン目にも30ゴールを挙げたが、2004-05シーズンはけがに悩まされ、リーグ戦のゴールは6得点に終わった。それでもチャンピオンズリーグの舞台では8点を奪って得点王に輝いている。 2005-06シーズンは、開幕から12試合で10ゴールをマークして好スタートを切り、12月までに17ゴールを決める活躍を見せたものの、その後、サー・アレックス・ファーガソン監督 との確執が深まり、優勝を果たした2006年2月のリーグカップ決勝では出場機会を与えられず、リーグ最終戦のチャールトン戦でも、ベンチから外されてしまった。 ファン・ニステルローイは結局、2006年夏、レアル・マドリーへ移籍した。

省略を読む About ルート ファン ニステルローイ
  • ポジション

    フォワード

  • オランダ

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v リヴァプール(N)チャリティーシールド

  • 退団

最新

ユナイテッド

監督はトゥアンゼベに期待 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、アクセル・トゥアンゼベの今後について言及。

ユナイテッド

3選手がツアーに合流 Article

ディーン・ヘンダーソン、マッテオ・ダルミアン、フレッジがツアーに合流する。

ユナイテッド

リーズ戦前チーム情報 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が明日の試合に向け、最新情報を明かした。

ユナイテッド

ゴメス「プレッシングの練習の成果が出た」 Article

アンヘル・ゴメスがパース・グローリーとのプレシーズンマッチを振り返った。

ユナイテッド

ジェームズ「ツアーは最高」 Article

ダニエル・ジェームズがパース・グローリー戦について語った。

監督

監督がパース戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、プレシーズン初戦、交代したルーク・ショーなどについて語った。

ダロト

「プレシーズンは順調」 Article

ディオゴ・ダロトがユナイテッドで初のプレシーズンについて語った。

マーカス

マーカス「試合が待ちきれない!」 Article

マーカス・ラッシュフォードは土曜日のシーズン初戦、パース・グローリー戦を心待ちにしている

ポグバ

「ポグバは真のプロフェッショナル」 Article

スールシャール監督がポグバを称賛、彼の去就についての噂も一蹴した

でヘア

オーレ「デ・ヘアとの交渉はポジティブ」 Article

スールシャール監督は、GKダビド・デ・ヘアとの契約延長交渉は成立すると確信していると話した。

アレクシス

アレクシスの怪我の状況は? Article

スールシャール監督がアレクシス・サンチェスの怪我の状況について話した

オーレ

オーレ「すべてが順調だ」 Article

新シーズン最初の記者会見でオーレがオーストラリア合宿の感想を語った

サンチェス

アレクシスがコパアメリカで負傷 Article

アレクシス・サンチェスのコパアメリカは、アルゼンチンに敗れて終了。

ユナイテッド

ファーストチームスタッフを発表 Article

マイケル・クレッグとエド・レンがファーストチームのスタッフに加わった。

ダニエル

オーレ「彼らはXファクターになる」 Article

オーレがダニエル・ジェームズのトレーニングでの印象を語った

もっと見る