click to go to homepage
ブルース

バイオグラフィー

1987年12月、アレックス・ファーガソンが82万5000ポンドでノリッジ・シティーから獲得した岩のようにゴツゴツとした体躯で強固な守備を誇るセンターバックは、27歳の誕生日を迎える2週間前にマンチェスター・ユナイテッドに加入した。この移籍は、クラブ史に残るものになった。

ガリー・パリスターとのセンターバックでコンビは、1993年、1994年、1996年の優勝を支え、後に愛情を込めて“ドリー・アンド・デイジー”という愛称で呼ばれるようになった。その他にもヨーロピアンカップ・ウィナーズカップ(1991年)、FAカップ(1994、96年)、リーグカップ(1992年)の優勝にも貢献。1992-93シーズンのプレミアリーグ優勝を大きく引き寄せたのは、シェフィールド・ウェンズデー戦でブルースが決めた強烈なヘディングシュートによる2ゴールで、この優勝をきっかけに、ユナイテッドの時代が到来したと言っても過言ではない。 ブルースは幼い頃からフットボールで頭角を現し、アラン・シアラーやピーター・ベアズリーらを輩出したウォールセンド・ボーイズクラブ出身で、マイケル・キャリックと同じニューカッスル・スクールボーイズにも所属したが、16歳の時に憧れのクラブの入団テストで不合格となった。小柄な体格が災いし、ニューカッスル以外にも、サンダーランド、ボルトン・ワンダラーズ、シェフィールド・ウェンズデー、サウスポートの入団テストでも不合格となり、スワン・ハンターの造船所で配管工見習いの職を見つけた。しかし、仕事開始まで1週間となってジリンガムからオファーが届いた。 1979-80シーズンに弱冠17歳でリーグデビューを果たすと、ブルースは同クラブでリーグ200試合以上に出場し、1984年8月に13万5000ポンドという移籍金でノリッジに移籍。キャロウ・ロードでは1985に年リーグカップ優勝に貢献した他、翌シーズンには2部優勝に貢献した。その後オールド・トラッフォードでも数々のタイトルを獲得したブルースだったが、イングランド代表ではアマチュアレベルでのみプレーしただけで、フル代表に選出されたことは一度もなかった。 そんなブルースは、1996年にフリートランスファーでユナイテッドからバーミンガム・シティーに移籍。ユナイテッドでの9年間では414試合に出場し、51ゴールをマークした。1990-91シーズンには、PKのキッカーを務めたことも関係し、同年のチーム最多タイの19ゴールを記録している。 1998年にシェフィールド・ユナイテッドで選手兼監督を務め指導者としてのキャリアをスタートさせると、その後ハダーズフィールド・タウン、ウィガン・アスレティック、クリスタル・パレスの監督を歴任。その後バーミンガム・シティーの監督に就任すると、降格した1年後の2006-07シーズンにプレミアリーグに昇格を果たすと、それから4シーズンもの間トップリーグで指揮を執り続けた。

省略を読む About スティーヴ ブルース
  • ポジション

    ディフェンダー

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    ポーツマス(A)リーグ

  • 退団

最新

ダロト

ダロトは準備万端 Article

監督がダロトを高く評価、リーグカップでの起用を明言した。

ポグバ

ポグバ「みんなが求めていた結果」 Article

チャンピオンズリーグ初戦の勝利に貢献したポール・ポグバが充実感を語った

監督

ヤングボーイズ戦を総括 Article

ダロト、ショー、ポグバらのパフォーマンスを監督が振り返った。

ジョゼ

「ヤングボーイズ戦は重要」 Article

チャンピオンズリーグ初戦前に監督がインタビューに答えた。

ラッシュフォード

最新チーム情報 Article

ヤングボーイズ戦前のチーム情報をチェック

クリス
クリス・スモーリング 言う

「ここから連戦になるけれど、このアウェー2連勝で良い流れができたと感じているよ」

スモーリング

スモーリング「ここが勝負時だ」 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイスに向け、スモーリングは良い流れを引き寄せていると感じている

ショー

ヤングボーイズ戦前チーム情報 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイズ戦ではルーク・ショーを先発させるとモウリーニョが明言

エレーラ

エレーラがCLの対戦相手を分析 Article

アンデル・エレーラがチャンピオンズリーグの対戦相手を分析

ベッカム

アシストキング Article

トレブルを達成した1998-99シーズンのCLでデイヴィッド・ベッカムが10試合で8アシストをマーク。

監督

ワトフォード戦を総括 Article

モウリーニョ監督がアウェイでのワトフォード戦を振り返った。

マーカス
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「私が率いたこの2シーズンで、彼は合計105試合、5744分間プレーした。フル出場に換算すると63.7試合、そこには5回の決勝戦も含まれる。最高峰レベルのコンペティションで、確固たる時間数プレーしている」

Marcus Rashford
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「朝起きてすぐに考えることはジョゼ・モウリーニョ、という人もいることだろう。そしてマーカスを土曜の試合で起用しなかったことで、私は手痛く批判されるかもしれない。しかしそれは私の落ち度ではない」

もっと見る