click to go to homepage
テイラー

バイオグラフィー

トミー・テイラーがプレーする姿を見た者は、ユナイテッドおよびイングランド史上最高のセンターフォワードだと確信したという。

ヘディングが得意で、ボールコントロールとワンタッチでのパスセンスにすぐれていたテイラーだが、クラブでも代表でもゴール奪取率は飛び抜けたものがあった。 バスビー・ベイブスの一員と誤解されることがあるが、実はユナイテッドの生え抜き選手ではなく、1953年3月に、バーンズリーから2万9999ポンド(これは3万ポンドプレーヤーという重圧がかからないようにとクラブが配慮したもので、余った1ポンドはウエイトレスが受け取った)で移籍してきた選手である。 1956年と57年のリーグ2連覇に貢献したが、ミュンヘンの悲劇により、惜しくもこの世を去った。ユナイテッドでは189試合に出場して131ゴールをマーク。これはおよそ3試合で2点を奪っている計算となり、未だに破られていない記録となっている。またイングランド代表でも18試合で16ゴールを挙げた。

省略を読む About トミー テイラー
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v プレストン(H)リーグ

最新

オーレ

ギグスからオーレにアドバイス! Article

ギグスがカンプノウでのバルセロナ戦についてオーレにアドバイス

ギグス

「ここはやっぱり最高だ」 Article

ライアン・ギグスがウェールズ代表を率いてAonトレーニング・コンプレックスに見参

ネマニャ

マティッチが代表戦を欠場 Article

ネマニャ・マティッチはセルビア代表の2試合を欠場

アレクシス

バルセロナ戦出場を願うアレクシス Article

アレクシス・サンチェスは、バロセロナとの対戦までに復帰できる可能性がある

أليكسيس سانشيز
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「僕がどれほどフットボールを愛しているかということを、みんなに見せたい。ユナイテッドは、イングランドの中だけじゃなく、世界的にも重要な存在感があるクラブだ。僕はサポーターのみんなに、トロフィーを捧げたい」

أليكسيس
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「子どもの頃からユナイテッドが好きだった。本当なんだ。まだほんのちっちゃい頃からね。だから、その気持ちをここでしっかり表現したい。そしてみんなを喜ばせたい。そしてもちろん、勝利を手に入れたい」

ショー

ショーが負傷により代表を離脱 Article

ルーク・ショーは負傷によりチェコ、モンテネグロとの試合を欠場する。

マルシャル

マルシャルが代表を離脱 Article

アントニー・マルシャル以外にも、代表を離れたユナイテッドの選手が。

マティッチ

挽回を信じるマティッチ Article

ネマニャ・マティッチは、FAカップ敗退からユナイテッドが学び、再び勢いに乗れると語った。

監督

選手たちにメッセージ Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がインターナショナルブレークを挟む選手たちにメッセージを送った。

スールシャール

監督がウルヴズ戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、エミレーツFAカップ準々決勝を振り返った。

ガーナー

ガーナーが新契約にサイン Article

アカデミー出身のガーナーがユナイテッドとの新契約にサイン。

もっと見る