click to go to homepage
テイラー

バイオグラフィー

トミー・テイラーがプレーする姿を見た者は、ユナイテッドおよびイングランド史上最高のセンターフォワードだと確信したという。

ヘディングが得意で、ボールコントロールとワンタッチでのパスセンスにすぐれていたテイラーだが、クラブでも代表でもゴール奪取率は飛び抜けたものがあった。 バスビー・ベイブスの一員と誤解されることがあるが、実はユナイテッドの生え抜き選手ではなく、1953年3月に、バーンズリーから2万9999ポンド(これは3万ポンドプレーヤーという重圧がかからないようにとクラブが配慮したもので、余った1ポンドはウエイトレスが受け取った)で移籍してきた選手である。 1956年と57年のリーグ2連覇に貢献したが、ミュンヘンの悲劇により、惜しくもこの世を去った。ユナイテッドでは189試合に出場して131ゴールをマーク。これはおよそ3試合で2点を奪っている計算となり、未だに破られていない記録となっている。またイングランド代表でも18試合で16ゴールを挙げた。

省略を読む About トミー テイラー
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v プレストン(H)リーグ

最新

監督

今冬の選手獲得について言及 Article

スールシャール監督がスコット・マクトミネイの今後などについて語った。

ユナイテッド

ラッシュフォード復調を表すスタッツ Article

ラッシュフォードのパフォーマンスを数字と共に分析。

リンデロフ

リンデロフがスパーズ戦で見せた真価とは? Article

リンデロフのプレースタイルは、時間とともに進化を遂げている

リンガード

リンガード「デ・ヘアが自信を与えてくれる」 Article

ジェシー・リンガードがダビド・デ・ヘアを称賛。

エレーラ

エレーラが明かすトッテナム戦の戦術 Article

アンデル・エレーラがスールシャール監督が用いた戦術を明かした。

マタ

「ダビドは素晴らしいGKであることを証明した」 Article

フアン・マタがトッテナム戦後にブログを更新した。

監督

トッテナム戦を総括 Article

スールシャール監督がウェンブリーでの勝利を振り返った。

オーレ

トッテナム戦直前チーム情報 Article

ポール・ポグバはトッテナム戦に出場可能な見込みであるとスールシャール監督が発言

ポグバ

月間MVPを喜ぶポグバ Article

ポグバが12月のクラブ月間最優秀選手賞について語った。

ドバイ

バイリーがアフリカ大陸ベスト11に選出 Article

エリック・バイリーが2018年のアフリカ大陸のベストイレブンに選出された

ドバイ

オーレ「自分たちを試すチャンス」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、FAカップ4回戦のアーセナル戦について語った

マタ

「ドバイキャンプが力になる」 Article

フアン・マタがブログを更新。レディング戦、ミニキャンプについて綴った。

ポグバ

ポグバ不在の理由 Article

ポグバは後日ドバイキャンプに合流予定。

ドバイ

ドバイ合宿の狙いとは? Article

スールシャール監督が、週末のドバイ合宿の意図について語った

オーレ

レディング戦前チーム情報 Article

土曜のレディング戦に向けたチーム最新情報

もっと見る