click to go to homepage
テイラー

バイオグラフィー

トミー・テイラーがプレーする姿を見た者は、ユナイテッドおよびイングランド史上最高のセンターフォワードだと確信したという。

ヘディングが得意で、ボールコントロールとワンタッチでのパスセンスにすぐれていたテイラーだが、クラブでも代表でもゴール奪取率は飛び抜けたものがあった。 バスビー・ベイブスの一員と誤解されることがあるが、実はユナイテッドの生え抜き選手ではなく、1953年3月に、バーンズリーから2万9999ポンド(これは3万ポンドプレーヤーという重圧がかからないようにとクラブが配慮したもので、余った1ポンドはウエイトレスが受け取った)で移籍してきた選手である。 1956年と57年のリーグ2連覇に貢献したが、ミュンヘンの悲劇により、惜しくもこの世を去った。ユナイテッドでは189試合に出場して131ゴールをマーク。これはおよそ3試合で2点を奪っている計算となり、未だに破られていない記録となっている。またイングランド代表でも18試合で16ゴールを挙げた。

省略を読む About トミー テイラー
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v プレストン(H)リーグ

最新

フレッジ

500人目のスコアラー Article

ウルヴズ戦で初ゴールを決めたフレッジが節目の選手に

監督

監督がウルヴズ戦を総括 Article

オールド・トラッフォードでドローとなった一戦を監督が振り返った。

ダロト

ダロトは準備万端 Article

監督がダロトを高く評価、リーグカップでの起用を明言した。

ポグバ

ポグバ「みんなが求めていた結果」 Article

チャンピオンズリーグ初戦の勝利に貢献したポール・ポグバが充実感を語った

監督

ヤングボーイズ戦を総括 Article

ダロト、ショー、ポグバらのパフォーマンスを監督が振り返った。

ジョゼ

「ヤングボーイズ戦は重要」 Article

チャンピオンズリーグ初戦前に監督がインタビューに答えた。

ラッシュフォード

最新チーム情報 Article

ヤングボーイズ戦前のチーム情報をチェック

クリス
クリス・スモーリング 言う

「ここから連戦になるけれど、このアウェー2連勝で良い流れができたと感じているよ」

スモーリング

スモーリング「ここが勝負時だ」 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイスに向け、スモーリングは良い流れを引き寄せていると感じている

ショー

ヤングボーイズ戦前チーム情報 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイズ戦ではルーク・ショーを先発させるとモウリーニョが明言

エレーラ

エレーラがCLの対戦相手を分析 Article

アンデル・エレーラがチャンピオンズリーグの対戦相手を分析

ベッカム

アシストキング Article

トレブルを達成した1998-99シーズンのCLでデイヴィッド・ベッカムが10試合で8アシストをマーク。

監督

ワトフォード戦を総括 Article

モウリーニョ監督がアウェイでのワトフォード戦を振り返った。

もっと見る