ユナイテッド

アマドがファーストチームデビュー

マンチェスター・ユナイテッドに加入したばかりのアマドが、4-0で快勝したレアル・ソシエダ戦でクラブデビューを飾った。

アマドは、ブルーノ・フェルナンデスとマーカス・ラッシュフォードのゴールにより3-0とリードしていた時間帯に交代出場の機会を得た。

残り7分となり、メイソン・グリーンウッドと交代し、フェルナンデスに代わったフアン・マタと共にピッチに立った。

アマドは左サイドでプレーし、その才能の片鱗を示した。

今シーズンはアタランタでチャンピオンズリーグのミッティラン戦にも出場したアマドは、大舞台にも物怖じせずにプレー。

スタッツを見ても、この試合で最多となる3度のドリブル機会を生かした。

U-23の一員としてプレミアリーグ2で印象的なプレーを見せたアマドは、今回のトリノ遠征に帯同。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ファーストチームデビューの機会を与えた。

17歳のショラ・ショアタイアも遠征に加わったが、シニアデビューはお預けとなった。

ユナイテッド
アマドがデビュー!

監督は試合後BT Sportとのインタビューで「彼は日に日に出場機会を得られる位置に近づいている」と、アマドについてコメントしている。

「3-0になって、彼に出場機会を与えようと思った。クラブで最初の10分を体験できたね」

試合後の会見でも、監督は「(アマドが来週の第2戦に出場するか)ニューカッスル戦後に決める。ただ、彼はリザーブチームで数試合に出場しているので、そこまで大きなことにはならない」と答えた。

「今日のベンチには、先発出場したかった選手が何人かいる。アマドが出場機会を得る時期は近づいている。彼にどの程度プレータイムを与えるかは、これから決める」

おすすめ: