click to go to homepage
ダビド・デ・ヘア

デ・ヘアは歴代ベストGK

ダビド・デ・ヘアか、エドウィン・ファン・デル・サールか、はたまたピーター・シュマイケルか?アンデル・エレーラ、ブライアン・ロブソン、デイヴィッド・メイの3人が、Table Football の最新話で激論した。この番組はYouTubeでフル視聴できる。

Aonトレーニング・コンプレックスで収録された番組の中で、3人は活発に意見を交換しあった。最終的に一人に絞ることはできなかったが、ユナイテッドはワールドクラスのゴールキーパーに恵まれているという意見で全員が納得した。

「ダビドについてはこれ以上言うことがないよ」と同胞スペインのアミーゴを称賛したアンデル。

「僕にとってはダビドがナンバー1だね。自分が一緒にトレーニングした中で最高のゴールキーパーだ。トレーニングでは時々おもしろいことがあるよ。ダビドが僕たちに決めさせたくない!と思ってプレーしている時は、僕たちはまったくゴールすることができないんだ!だから僕は迷いなく彼を選ぶよ。だけどもちろん、他の2人のことも尊敬している。2人とも素晴らしいキャリアを築いたし、このクラブで活躍した」。

「ただ、彼らがダビドと同じくらいの年齢のときに、同じくらいすごかったかは、僕は知らないんだ。彼らのピークはもう少し年をとってからだったような気もするけど?」

シュマイケルとユナイテッドで5年間ともにプレーしたメイはエレーラの指摘には同意しつつも、彼は”グレート・デーン”こそがユナイテッドの究極のcNo.1であると主張した。

MUTVのインタビューに応えるエレーラ
デ・ヘアが歴代NO.1と言うエレーラ

「私はビッグ・ピートを推すよ。彼ほどのGKは見たことがない。けれど、ダビドはまだ27歳だから、まだまだピークはこれからだよね」

ロブソンもシュマイケルの名を挙げつつも、この3人の中からベストを選択するのは他のフットボール界の難問同様、不可能だと語った。

ブライアン・ロブソン

「3人ともファンタスティックなゴールキーパーだ。アンデル、ダビドが君の大親友だということは知っている。けれど私にとっては、サイズや存在感から言って、やはりピーターはファンタスティックだった。ショットストッパーであるだけでなく、クロスの処理も絶品だった。彼は素晴らしかった」

「けれどこれは人々にメッシか?ロナウドか?と尋ねるようなものだ。2人ともトップクラスの選手で、おそらく結果は50-50だろう。この3人のゴールキーパーにしても、それぞれが自分の持ち味で秀でていると思うよ」。

デイヴィッド・メイ
3人によるインタビューは www.youtube.com/manutd でチェックできる。