ペレイラ

月間ベストゴールを受賞したアンドレアス「自信があった」

サウサンプトン戦でのゴールで月間ベストゴールに輝いたアンドレアス・ペレイラは、マンチェスター・ユナイテッドのファーストチームで初の賞を獲得した。

オールド・トラッフォードでの一戦は、前半ヤン・ヴァレリーに先制点を許してしまい、ユナイテッドは1点ビハインドの状況だった。そして、ディオゴ・ダロトからのショートパスを受けたアンドレアスは、ゴールまで距離のある位置から右コーナーにシュートを突き刺した。その後ジェームズ・ウォード・プラウズにも点を決められたものの、ユナイテッドはロメル・ルカクが2ゴールを決め、3-2で逆転勝利を収めた。

「ディオゴがボールをくれて、左を見たらルークが上がっていたんだ」と、アンドレアスはサウサンプトン戦でのゴールシーンを振り返る。

動画
ペレイラ
月間ベストゴールについて語るアンドレアス

「相手のDFが自分の方に詰めてきたので、ルークにパスを渡そうと思った。でも、右足の感触が良くて、相手DFをガイドにして、巻き込むようなボールを蹴ったんだ。ボールが決まったところは見えなかったけれど、観客の反応がすごかった。クレージーだね。信じられないようなフィーリングだったよ」

アンドレアスは、試合前日にAonトレーニングコンプレックスで同じシュートを練習していたという。

「試合の前の日に、リー(グラント)と練習していたんだ。まさしく同じ位置から4本をトップコーナーに決めた。だから自信があったんだ」

おめでとう、アンドレアス。これからもゴールが量産されることに期待したい。

おすすめ: