click to go to homepage
マルシャル

エヴァートン戦MOMはマルシャル

マンチェスター・ユナイテッドが2-1でエヴァートンに勝利した試合後、アントニー・マルシャルがクラブのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

左ウィングで起用されたマルシャルは、この日の後半に決勝点を決め、プレミアリーグ直近3試合で4ゴールをマーク。マージーサイダーとの試合では、直近6試合で5ゴールという相性の良さを見せている。

またマルシャルは、前半ペナルティエリアに侵入後、イドリッサ・ゲイェからファウルを誘ってポール・ポグバの先制点につながるPKを獲得。その他にもフアン・マタへのピンポイントクロスを供給した以外にも、後半追加タイムにジョーダン・ピックフォードと1対1の状況を作り出すなど、好パフォーマンスを見せた。

マルシャル
前半も惜しいシュートを放ったマルシャル

試合後、ジョゼ・モウリーニョ監督は、MUTVとのインタビューでマルシャルを称賛。「彼は今日の試合で、どういう選手になれるかを示した。素晴らしい才能の持ち主だ。モナコ時代にも、マンチェスター・ユナイテッドに移籍した時期にもその才能の片鱗を見せたが、非常に断片的だった」と語った。

「今日は、非常に内容のあるパフォーマンスを披露してくれた。素晴らしいゴールがなかったとしても、良いパフォーマンスだった。つまり、彼のプレーはゴールだけで評価されるものではなく、全体的なプレーで評価される、ということ。成長した」

マルシャルはSky Sportsに対し「嬉しい。今は状態が良いから、これからも練習からハードに取り組んで、チームの力になりたい」と話した。

試合後クラブ公式Twitterアカウント、それからクラブ公式アプリで実施した投票の結果、マルシャルが最多票を集め、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

また、Optaのデータからも、マルシャルのパフォーマンスがどれだけ素晴らしかったかがわかる。同選手はチーム最多となる11回のデュエルを記録し、キーパス(4本)でもチーム最多をマーク。放った3本のシュートは全て枠内に飛び、0-0だった前半にもミドルシュートでピックフォードに襲いかかった。

その他にも、スプリントの回数でもマーカス・ラッシュフォードと並ぶ15回を記録。守備でも相手から4回ボールを奪い、左サイドでともにプレーしたルーク・ショーを何度かサポートした。

試合を通じて素晴らしいプレーを見せたマルシャルにとって、最高の1日になった!

マルシャル
美しいゴール決めたマルシャル
クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから

ユナイテッド 2-1 エヴァートン article

ポール・ポグバとアントニー・マルシャルが前後半にそれぞれゴールを決め、ホームでエヴァートンに勝利。