click to go to homepage
バレンシア

ツアーが待ちきれないバレンシア

マンチェスター・ユナイテッドDFのアントニオ・バレンシアは、アメリカで開催されるAon主催のツアー2018参加を待ちきれずにいる。

ユナイテッドはアメリカでプレシーズンゲームを行う予定で、クラブ・アメリカ(7月20日)、サンノゼ・アースクエイクス(7月22日)と対戦後、ACミラン(7月26日)、リヴァプール(7月28日)、レアル・マドリー(8月1日)とインターナショナル・チャンピオンズカップで戦う。

アメリカでのツアーは昨年に続いて2年連続で、バレンシアは昨年と同様に好結果を残したいとManUtd.comに語った。

「昨年のツアーは最高だった。素晴らしい経験だったよ。チームも良いパフォーマンスができたしね」

バレンシアの足跡 article

加入から9年、アントニオがユナイテッドの選手としてプレーしたシーズンを1年ごとに振り返る。

「ファンの皆に歓迎してもらえたことが印象に残っているよ。僕たちの試合を観に来てくれた皆から声援を送ってもらえた」

「今年のツアーが楽しみだし、ロサンゼルスに戻りたい。今年も良いプレーを見せて、勝ちたいね」

アントニオ・バレンシア 言う

アメリカでの歓迎ぶりは本当に素晴らしい。大勢のファンの皆の姿を見ると、クラブの一員でいることに誇りを持てる。

アメリカでのツアーは昨年に続いて2年連続で、バレンシアは昨年と同様に好結果を残したいとManUtd.comに語った。

「昨年のツアーは最高だった。素晴らしい経験だったよ。チームも良いパフォーマンスができたしね」

「ファンの皆に歓迎してもらえたことが印象に残っているよ。僕たちの試合を観に来てくれた皆から声援を送ってもらえた」

「今年のツアーが楽しみだし、ロサンゼルスに戻りたい。今年も良いプレーを見せて、勝ちたいね」

昨年のツアーでは、マンチェスター・シティー、レアル・マドリー、バルセロナとアメリカの数都市で対戦した。バレンシアは、昨年と同様の歓迎を期待している。

「アメリカでの歓迎ぶりは本当に素晴らしい。大勢のファンの皆の姿を見ると、クラブの一員でいることに誇りを持てる」

また、クラブ在籍が最も長いバレンシアは、世界トップクラスとの対戦がシーズン前の準備として重要と話す。

「高いレベルのチームと対戦するのは大事。今年の夏も、そういう形で準備をする」

「フィジカルを整える上でも大事だし、シーズン開幕を前に良い状態で戻ってきたい。プレミアリーグの新シーズンで要求される肉体に仕上げたい」

マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズン日程は以下の通り。

7月20日
クラブ・アメリカ、フェニックス

7月22日
サンノゼ・アースクエイクス、サンタクララ

7月26日
ACミラン、カリフォルニア

8月1日
レアル・マドリー、マイアミ

8月5日
バイエルン・ミュンヘン、ミュンヘン

プレシーズンの重要性 article

マタとエレーラが7月にアメリカで開催されるツアーでの強度の高い練習について語った。